看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 押谷和沙(オシタニカズサ)
病院名 京都大学医学部附属病院
所属診療科目 呼吸器外科病棟
役職・資格 看護師
卒業学校 同志社女子大学
卒業年 2020年卒業

入職を決めた理由

当病院は、パートナーシップナーシングの体制をとっており、日々ペアで患者さんを受け持っています。そのため、判断に困ったときなどすぐ先輩に相談しアドバイスを受けることができるため、安全な看護を提供できるのではないかと感じました。
その他にも、新人教育が充実しており、研修センターにて看護技術を練習することができたり、院内留学と言って、他病棟に勤務しそこでの看護業務を学ぶことで、自分自身の病棟では経験できない看護援助を学ぶことができたりと、看護の基礎を身につけるうえでの環境が整っていることにも魅力を感じました。
さらに、当病院は最先端の医療を取り入れているため、他病院では学ぶことのできない疾患や医療についても学べるのではないかと期待し、入職を決めました。

病院選びで重視した点

新卒の1年目看護師として私は、看護の土台を作るうえで基礎的な知臓と技術を確実に身につけることが大事だと考えています。そのため、新人教育の充実性はとても重要視していました。また、その病院の地域での役割や機能、基本理念を知り、自分自身が思い描く理想の看護師像に近づくことができるかという点も、非常に重要だと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■4月
インターネットや就職情報サイトなどで病院の資料を集める

■7月
学校での合同病院説明会への参加

■8月
就職サイトが主催する合同説明会への参加

■9月
エントリーシート作成に当たって自己を見つめなおす

■1月
就職サイトが主催する合同説明会への参加

■3月
気になる病院のインターンシップ・説明会への参加

■5月
気になる病院のインターンシップ・説明会への参加

■6月
エントリーシート作成
面接・小論文対策

■7月
面接・小論文対策

■8月
採用試験

■9月
就職先内定

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

入職したては、環境に慣れなかったり、覚えることがたくさんあり、初めて見聞きすることも多く日々たくさん勉強しないといけなかったり、情報収集やアセスメントに時間がかかったり、優先順位を考えたり、効率よく業務を実施することが、受け持ち患者さんが増えるに従って大変になりました。
また、今年はコロナの影響もあり、普段と違う異例の対応であったり、業務・規制の肉容が日々変更したりすることが多く苦労しました。しかし、サポーターの先輩が業務時間外でもやさしく声をかけてくださったため、ほっと一息、力を抜くことができたことは嬉しかったです。

新人研修内容の特長

・研修で学んだことはすぐに病棟での業務に生かせること
・初めての援助項目については見学し、その後自分が自信を持って安全・確実に実施できるようになるまで先輩看護師がフォローしてくださること
・こまめに声をかけてくださり、わからないことがあればいつでも聞ける環境であること
・自分の目標に沿って実施したい援助項目などは優先的に実施できるように配慮してくださること
・自分の行動や考えに対して一つひとつ理由を聞いてくださるので、自分の思考を整理でき、その看護を行ううえでの根拠をしっかり考えて実行に移すことができたこと
これらは、自立の際に安心安全な看護の提供を考え、自信を持って行動することにつながりました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
オリエンテーション
看護技術研修(採血・血糖測定・インスリン注射・経鼻栄養・膀胱留置カテーテル
輸液ポンプ・シリンジポンプ)
シャドウイング、1人受け持ち開始

■5月
看護技術研修(フィジカルアセスメント・心電図・BLS・輸血・吸引・食事介助)
静脈注射・輸液管理認定プログラム(講義)
日勤でのフォロー付き患者受け持ち(1〜2名から開始4名程度)
長日勤・夜勤シャドウイング

■6月
シミュレーション研修(報・連・相)
静脈注射・輸液管理認定プログラム(筆記試験)
夜勤受け持ちスタート、日勤:受け持ち1〜3人

■7月
シミュレーション研修(多重課題)
静脈注射・輸液管理認定プログラム(演習・実技試験開始)
日勤、夜勤:3〜4受け持ち

■8月
看護過程研修
看護システム研修
患者受け持ち4〜5人

■9月
看護過程研修
看護システム研修
逆シャドウイング

■10月
院内留学開始

■11月
シミュレーション研修(急変時の初期対応)

■1月
自己評価交流会
リフレッシュ研修

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

国立大学法人 京都大学医学部附属病院
〒606-8507 京都府 京都市左京区聖護院川原町54
病床数 1121床
診療科目 消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、神経内科、血液腫瘍内科、糖尿病・内分泌・栄養内科、腎臓内科、免疫・膠原病内科、小児科、小児外科、消化管外科、呼吸器外科、肝胆膵・移植外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産科婦人科、精神科神経科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、歯科口腔外科
看護方式 パートナーシップナーシングシステムで、責任とやりがいをわかちあう関係作りを勧めています。
看護配置 一般病棟 7対1入院基本料
結核病棟 7対1入院基本料
精神科神経科 13対1急性期治療病棟

検索