看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 今井梨瑚(イマイリコ)
病院名 川崎市立 井田病院
所属診療科目 腎臓内科、糖尿病内科、泌尿器科
役職・資格 看護師
卒業学校 神奈川県立衛生看護専門学校
卒業年 2018年卒業

入職を決めた理由

教育体制の中に、「未経験看護技術体験ツアー」という制度があります。配属されている病棟では経験できない技術などを、他の病棟で学ぶことができ、職員全体の技術に差がないよう体制が整っているところに惹かれました。また、新人教育の中で看護技術を研修で勉強した後、病棟で実際に患者さんに提供をし、その後新人職員全体で技術の振り返りを行う、カリキュラムが組まれていました。振り返りをする大切さを学校で学んでいたため、病院での教育でも学びの共有ができること、技術の改善ができることなどからスキルアップにつながると考えたからです。

病院選びで重視した点

就職してから3年間の過ごし方が大切であると考えています。そのため新人教育の充実さが大切だと思いました。
私が就職活動をしていく中で、どの病院も新人教育の体制は整っているように感じていました。なので、病院や学校で配られるパンフレットから情報収集するだけでなく、実際に働いている看護師から話を聞き教育体制がどのようなものか聞いてみると良いと思います。実際の現場の声を聞いてみると、就職後の自分自身が想像しやすくなり、その病院の教育制度が自分に合っているか考えることができました。各病院で開催されているインターンシップなどで、現場の看護師と交流する機会があれば積極的に情報収集をしてみてください。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■7月
 学校が開催する、各実習病院の病院説明会
 就職サイトが主催する合同説明会に参加(インターン申し込み)

■8月
 希望した病院のインターンシップ

■3月
 就職サイトが主催する合同説明会

【最終学年】
■5月
 インターンシップ
 採用面接

■6月
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

苦労したことは先輩看護師や医師に患者さんのことを報告することです。頭の中で報告したいことはわかっているのに、実際に言葉にできず、今でも苦戦しています。事前に報告内容を作っておくなどして少しずつ適格に報告ができるように頑張っています。良かったなと思うことは、実際に患者さんに看護を提供して、患者さんから感謝の言葉をいただいたことです。

新人研修内容の特長

先ほども記述しましたが、実際に技術を経験した後に振り返りを行うことができるというところです。振り返ることで自分の特質、傾向がわかり、改善することで、次の行動に活かされると思います。日々学び続ける姿勢が身についていったと思います。病棟では朝、チームごとに看護師が実際に患者さんのもとへ行きながらカンファレンスをするウォーキングカンファというものがあり。チームの中で情報共有ができ、相談したいことなどを話す場でもあり、自分の経験できていない技術を伝えることで見学させていただいたり、実際に実施することができ、効率よく技術習得ができることはよいシステムだと思います。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 集合研修

■5月
 1人受け持ち(先輩看護師がフォロー、記録の修正を行う)
 静脈注射テスト
 夜勤体験学習

■6月
 2〜3人受け持ち(先輩看護師がフォロー、記録の修正を行う)
 夜勤準備研修

■7月
 4〜5人受け持ち(先輩看護師がフォロー記録の修正を行う)

■8月
 新人のためのフィジカルアセスメント

■10月
 看護記録研修

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

川崎市立 井田病院
〒210-0035 神奈川県 川崎市中原区井田2-27-1
病床数 383床
診療科目 内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 血液内科 腫瘍内科 糖尿病内科 腎臓内科 神経内科 感染症内科 人工透析内科 肝臓内科 緩和ケア内科 外科 呼吸器外科 心臓血管外科 消化器外科 乳腺外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 精神科 アレルギー科 リウマチ科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科 救急科 麻酔科 歯科 歯科口腔外科 計37科
看護方式 固定チーム継続受け持ち方式
看護配置 一般病棟7対1入院基本料

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索