看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 三原萌花(ミハラモエカ)
病院名 川崎市立 井田病院
所属診療科目 救急後方病棟
役職・資格 看護師
卒業学校 佐久大学
卒業年 2018年卒業

入職を決めた理由

関東で病院を探している中で当院を見つけ、病院見学会に参加しました。新人研修の内容で、『3D研修』という、全体研修で学んだ内容を、その直後に病棟で実際に経験することができることを知り、覚えるのに時間がかかる私でも、一つひとつの技術を身に着けていくことができると感じたことです。また、病棟看護師が患者の退院後、自宅に同行訪問を行うこともあるということを知り、退院支援に興味を持っていたので当院に入職したいと思いました。

病院選びで重視した点

私が、就職活動中に病院を選択する際に重視していたのは、「新人研修の内容」「病院の雰囲気」でした。新人研修はどこの病院でも、力を入れている印象ですが、新人教育のスケジュールを見て、何月に何をやるのかといった進行速度の違い、全体研修をまとめて行うのか、定期的に行うのかなどに注目していました。その中で、自分に合いそうなところを見つけるのが大切だと思います。また、実際に見学会やインターンシップに行き、雰囲気を感じることも必要だと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■7月
 合同説明会参加

■3月
 合同説明会参加
 病院見学会、インターンシップ参加

【最終学年】
■4月
 インターンシップ参加

■5月
 病院見学会、インターンシップ参加
 採用試験

■6月
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

学校で学んできた看護技術と実際の臨床で行う技術には、違いがあり、1つの看護技術でも患者の状態や疾患によって方法を工夫して行う必要があり、日々、考えながら緊張して行っていました。今でも、初めてのこと、慣れないことに緊張の連続ですが、少しずつ自信を持ってできることが増えてきました。自分の行ったケアに対して患者に「ありがとう。」と感謝されると、喜び、やりがいを感じます。

新人研修内容の特長

当院の研修の特長は、『3D研修』と呼ばれる「全体研修」「病棟実践」「振り返り」を行うことだと思います。1日の中でまず、全体で必要な看護技術を学び、その後実際に病棟で患者に対してケアを行い、その内容を振り返る機会が設けられています。学んだことをすぐに経験し、身に着けていくことができ、さらに振り返りにより、「ここをこうすればよかった」と改善点がわかるので成長していくことができました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 オリエンテーション、全体研修
 3D研修(看護技術)

■5月
 採血・静脈内注射研修
 静脈テスト
 夜勤シャドーウィング

■6月
 夜勤準備研修
 夜勤シャドーウィング

■7月
 夜勤フォローあり

■8月
 フィジカルアセスメント研修
 夜勤フォローあり

■9月
 夜勤1人立ち

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

川崎市立 井田病院
〒210-0035 神奈川県 川崎市中原区井田2-27-1
病床数 383床
診療科目 内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 血液内科 腫瘍内科 糖尿病内科 腎臓内科 神経内科 感染症内科 人工透析内科 肝臓内科 緩和ケア内科 外科 呼吸器外科 心臓血管外科 消化器外科 乳腺外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 精神科 アレルギー科 リウマチ科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科 救急科 麻酔科 歯科 歯科口腔外科 計37科
看護方式 固定チーム継続受け持ち方式
看護配置 一般病棟7対1入院基本料

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索