看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 藤井大地(フジイダイチ)
病院名 滋賀医科大学医学部附属病院
所属診療科目 消化器内科、血液内科
役職・資格 看護師
卒業学校 滋賀医科大学
卒業年 2019年卒業

入職を決めた理由

私が滋賀医科大学医学部附属病院へ入職を決めたのは、大学病院という急性期の疾患における高度な医療、さらに、専門看護師・認定看護師が全国的に見ても多く在籍していることにより専門性の高い看護を学べると考えたからです。
また、出身大学が滋賀医科大学であり、学生実習のときから何度も病棟の雰囲気や、患者さんとどのような関わりを行っているかを実際に見、現場の看護師からも指導していただいたことで、看護師としてどのように働いていくのか、というイメージが考えやすかったことも大きな理由としてあると思います。
あとは、私の実家が近い位置にあるため、社会人として忙しく疲労が溜まる中で生活や精神の支援を受けることができると考えました。

病院選びで重視した点

自分が将来どのような看護師になりたいのか、どのような看護がしたいのか、といったキャリアプランを考え、そのプランを実現するため、興味がある診療科の内容や病院の規模などを調べておくことは、看護師人生という長い目で見て重要だと考えます。
新社会人の最初の1年は、多くの人にとっては覚えることも多く大変な時期であるため、新人の教育体制や、どのようなサポートがあるのかも調べておくのこともよいと思います。
また、実家が近いもしくは慣れた土地であることや、勤務体制も重要だと思います。
看護師免許を持ち、責任のある立場になるということは大きなストレスがかかるため、精神的な支援が受けられるかどうかや、勤務による体への負担も考えると良いと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■7月
大阪の合同病院説明会に参加
滋賀医療大学医学部附属病院看護部のインターンシップに参加

■8月
説明会に参加


【最終学年】
■4月
滋賀医科大学にて看護
学科長より本校への推せん就職試験のための面接実施、推薦獲得

■6月
採用試験( 推薦試験)

■7月
就職先内定

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

私が苦労したことは、薬剤の副作用を把握することです。私の所属する診療科の特性上抗がん剤を使用する治療が多く、その副作用も重度なものが多いため、副作用がいつ、どのようなものが出現するのかを把握することが重要なため、覚えることが大変でした。
また、日々の業務も多忙であり、業務に慣れることにも苦労しました。
しかし、その中で担当した患者さんから感謝の言葉をかけられたり、ケアの後に「気持ちよかった」と言ってもらえたときは非常にうれしかったです。
また、互いが似た苦労をしているため同期との仲が良くなり、一緒に外出することができるようになったことも良かったことだと思います。

新人研修内容の特長

当院の新人研修では、臨床教育看護師が新人教育を担当してくださり、1年を通して病棟看護師に必要な基礎的な技術や看護のポイントを学ぶことができます。
また、その日の研修の内容を「きづきのシート」という記録用紙に、その日自分ができたことやできなかったことを記載し、後日振り返りができるようになっており、自己学習が行いやすい環境になっています。
研修の中でも「複数患者への対応」の仕方は、優先順位の付け方や新人のしがちな失敗など、学生時代には習うことができない内容のため非常に助かる研修でした。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
<off-JT>
●新人看護師研修
感染予防・滅菌物の取り扱い、インスリン注射・血糖測定・針の取り扱い、移乗・ 移送
経管栄養法、輸液管理
医療機器安全管理研修:輸液・ シリンジポンプ

<OJT>
●オリエン丁ーション
病棟案内、Niho指示・記録の見方情報収集の練習、ナ一スコール・モニタの見方、血糖測定・採血の練習、ミキシングの練習、自然滴 下方法、防水保護方法、ヘパロック方法
●日勤業務開始:PNS方式
●検査・処置:上部・下部内視鏡・ESD・EMR ・ ERCP・TACE・肝生検・の検査出し、処置後管理、PICC留置・胸腹腔穿刺・マルク準備・介助など
●看護技術:清拭・洗髪・髭剃り・手足浴・爪切り・陰部洗浄・食事介助・NG注入・ロ腔ケア・ 吸引・ 吸入・体位変換・オムツ交換・バルーン挿入・浣腸・エンゼルケア

■5月
<off-JT>
●酸素吸入・吸引・パルスオキシメーターによる測定、静脈採血と血液検体の取り扱い
●薬剤の基礎知識記録、褥瘡対策と記録、食事援助
●病棟勉強会:EMR・ESD

<OJT>
●夜勤業務開始(4月)

■6月
<off-JT>
●メンタルヘルス、社会人基礎カ、振り返り学習
●心電図モニター管理と12誘導心電図の装着と管理BLSと急変時に使用する物品薬品
●認知症看護、医療機器安全管理研修:心電図モニター・除細動器
●ケ一ススタディ:輸血(ナース勉強会)

■7月
<off-JT>
●膀脱留置カテーテル挿入と看護
●病棟勉強会:胆・脾

■8月
<off-JT>
●多重課題トレーニング
●メンタルヘルス(コミュニケーション)

■9月
<off-JT>
●人工呼吸器装着患者の看護
●医療機器安全管理研修:人工呼吸器
●病棟勉強会:炎症性腸疾患
●ケ一ススタディ:吐血・下血

■10月
【off-JT>
●インシデントから学ぼう

■11月
<off-JT>
●複数患者への対応
●ケ一ススタディ:敗血症

■12月
●病棟勉強会:血液

■1月
<off-JT>
●点滴静脈注射・静脈留置針の挿入

■2月
<off-JT>
●2年目に向けての準備

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

国立大学法人 滋賀医科大学医学部附属病院
〒520-2192 滋賀県 大津市瀬田月輪町
病床数 612床
診療科目 循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、血液内科、糖尿病内分泌内科、腎臓内科、脳神経内科、小児科、精神科、皮膚科、消化器外科、乳腺・一般外科、形成外科、心臓血管外科、呼吸器外科、整形外科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、母子診療科、女性診療科、泌尿器科、眼科、麻酔科、ペインクリニック科、放射線科、歯科口腔外科、リハビリテーション科
看護方式 パートナーシップ・ナーシング・システム
看護配置 一般病床 特定機能病院7対1入院基本料
精神病床 特定機能病院7対1入院基本料
  • 国立大学法人 滋賀医科大学医学部附属病院
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索