看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 菅野彩花(カンノアヤカ)
病院名 横浜市立大学附属病院
所属診療科目 救急科・脳神経内科
役職・資格 看護師
卒業学校 福島県立医科大学
卒業年 2020年卒業

入職を決めた理由

大学病院で高度・先進医療に特化している病院で働きたいと考えており、出身地周辺と関東圏内を中心に就職活動を行いました。当院の2病院合同説明会に参加した際に、繁忙度が高い中でも、患者さん一人ひとりに寄り添いながら、安全・安楽に療養生活が送れるよう看護を行っている姿が印象的でした。加えて、看護の視点からその人にとって何が必要であるのかを捉え、他職種と連携している様子を見ることができました。
また、難しい症例の疾患をもった患者さんが多く入院しているため、自分にとっても良い経験値になると考え、当院への入職を決めました。

病院選びで重視した点

病院選びでもっとも重視したことは、教育体制です。看護師として早く一人前になりたいと思い、教育体制が自分にとって合っていて整っていることを最も重視しました。当院はクリニカルラダーを用いた、教育研修が組まれており、段階を踏んでステップアップしていくことができると思いました。また部署の中での勉強会も豊富に行なわれており、看護に必要な技術や知識を身につけられる体制が充実していると実感しています。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■4月
 インターネットを使用して資料を集める

■7月
 合同説明会に参加

■8月
 インターンシップに参加(地元を中心に)

■9月
 インターンシップに参加(関東圏を中心に)

■11月
 合同説明会に参加

[最終学年]
■4月
 就職試験

■5月
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

私は、救急科と脳神経外科の病棟に配属になりました。入職当初は慣れない環境や分からないことだらけの毎日で、仕事に行くことだけで精一杯でした。救急科の病棟では、患者さんの入退室が激しく、また疾患もさまざまであるため、何に注意して観察すれば良いのか、どのような処置が必要であるのか毎日新しい経験ばかりでした。その中でも知識の点と点が結ばれつながって理解することができたときや、新しい手技を獲得したときはとても嬉しくなりました。また、患者さんからありがとうと感謝されることもあり、そんな時もとても嬉しくまた頑張ろうと思う原動力になります。

新人研修内容の特長

入職時の研修だけでなく、月に1回程度の新採用者研修が開かれるため、病棟内の同期だけではなく他部署の同期と顔を合わせる機会があります。違う部署で働いていても、久々に顔を合わせると仕事の悩みや不安を共有することができます。新採用者研修では、講義と技術演習を繰り返し行います。グループワークも多く行なわれるため、自分が持っている視点だけでなく、新たな視野を広げることもでき、良い刺激をもらうことが できています。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 ●看護実践能力UP (※は他職種合同研修)
   ステップ1:新採用者オリエンテーション※
   ステップ2:パート@/看護技術:静脈採血、薬剤の調製、与薬管理、輸液管理、
                   バイタルサイン測定、酸素療法、吸引※
 ●マネジメント能力UP
   ステップ1:新採用者オリエンテーション
   ステップ2:感染管理、情報管理※
 ●人間関係能力UP
   セルフマネジメント 導入※
 ●教育研究能力UP
   教育研究能力
   医学情報センター活用

■5月
 ●看護実践能力UP
   ステップ2:パートA/看護技術:輸血、処置別感染対策、尿道留置カテーテル※
   褥瘡対策・予防ケア※
 ●マネジメント能力UP
   電子カルテ操作

■6月
 ●看護実践能力UP 
   感染対策の基礎/標準予防策・処置別感染対策※
   CVC管理研修
 ●マネジメント能力UP
   セルフマネジメント/フォロー@※
 
■7月
 ●看護実践能力UP 
   ステップ3:BLS

 ●マネジメント能力UP
   ステップ3:タイムマネジメント

■8月
 ●看護実践能力UP 
   ステップ4:フィジカルアセスメントT(フィジカルイグザミネーション)

■9月
 ●看護実践能力UP 
   静脈確保研修
 ●マネジメント能力UP
   セルフマネジメント/フォローA※

■10月
 ●看護実践能力UP 
   CVC管理研修(導入)
 ●マネジメント能力UP
   ステップ5:パート@A(看護記録)
   感染対策の基礎(標準予防策・処置別感染対策)※

■11月
 ●看護実践能力UP 
   CVC管理研修(認定)
 ●マネジメント能力UP
   ステップ6:リスクアセスメントと多重業務
 ●教育研究能力UP
   ステップ8:ケーススタディー1(全体関連図)(3月まで)

■12月
 ●看護実践能力UP 
   がん看護基礎編

■1月
 ●マネジメント能力UP
   ステップ7:看護倫理

■2月
 ●人間関係能力UP
   セルフマネジメント/フォローB※

■3月
 ●マネジメント能力UP
   新人看護師研修プログラムまとめの会・修了式

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

公立大学法人横浜市立大学 横浜市立大学附属病院
〒236-0004 神奈川県 横浜市金沢区福浦3-9
病床数 674床
診療科目 血液・リウマチ・感染症内科、呼吸器内科、循環器内科、腎臓・高血圧内科、消化器内科、内分泌・糖尿病内科、神経内科、脳卒中科、精神科、小児科、一般外科、心臓血管外科・小児循環器、消化器・肝移植外科、臨床腫瘍科・乳腺外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、放射線科、歯科・口腔外科・矯正歯科、麻酔科、脳神経外科、リハビリテーション科、形成外科、児童精神科、病理診断科、救急科、がんゲノム診断科、遺伝子診療科
看護方式 PNS
看護配置 一般病棟 7:1
その他、ACU等急性期は施設基準に合わせてそれぞれ看護師を配置しています。
  • 公立大学法人横浜市立大学 横浜市立大学附属病院
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索