看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 村井愛李(ムライアイリ)
病院名 厚木市立病院
所属診療科目 呼吸器内科・循環器内科病棟
役職・資格 看護師
卒業学校 関東学院大学
卒業年 2019年卒業

入職を決めた理由

私は学生時代に患者さんから発せられる言葉だけでなく、患者さんの病態から今どのような心境であるのかを考え、必要としていることは何かに思いを寄せて行動をするように心掛けていました。この心掛けは、当院が掲げる「愛・安全・患者が主役の看護」の理念を実践するうえで大切な要素であると考え、貢献していきたいと思い志願しました。
インターンシップでは、地域の中核病院として地域医療に貢献するため、連携の強化や高度な医療を充実させているという説明を受け、さまざまな疾患に対応した医療の提供を行い、市民の皆さんの健康を支えていることに魅力を感じ、入職を志願しました。

病院選びで重視した点

私が病院選びで重視した点は、教育制度と勤務地の2点です。
教育制度についてはどのような研修やサポート体制が行われているかを重視していました。また、合同説明会で先輩方のお話を聞くだけではなく、インターンシップなどで実際に看護体験をさせていただくことで、病院の雰囲気や職場環境を知ることができるため、インターンシップ参加は病院を知ることに役立ちました。
勤務地については、家事や精神面においてサポートしてもらうことができる自宅から通勤可能な範囲の病院をと思い、当院を選びました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

[最終学年の前年]
■5〜6月
 病院研究

■7月
 説明会に参加

■8月
 説明会に参加
 インターンシップ

■9月
 説明会に参加

■10〜12月
 病院研究

■3月
 インターンシップ


[最終学年]
■6月
 採用試験
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

当院では、プリセプター制度を取り入れているため、新人看護師一人一人にプリセプターがつきます。職場で悩んでいることはないかなど、あらゆる面で気に掛けてくださり、また、業務や処置などで、どんなに細かいことでもできていることを認めてくださる先輩方の言葉に励まされていました。このような言葉を掛けてくださったおかげで、一歩一歩着実に前に進むことができたと思います。
1年目の振り返りの時に、プリセプターの方から温かい言葉が詰まった手紙を頂きました。それがとても嬉しく、今でも仕事で辛いことなどがあったときは、その手紙を見て勇気をもらっています。その他にも、未経験の処置や検査などがあったときに、積極的に見学をさせてくださるなど、一人でできる処置が増えるようにサポートしてくださる温かい環境があります。

新人研修内容の特長

4月に電子カルテ操作訓練や薬剤・輸液管理などの研修があるので、必要な知識と技術を身に付け看護を行うことができる環境があります。
その他に当院では、1年目に3回、同期で悩みや経験などを共有するパワーチャージ研修があります。この研修に参加することで、どんなに小さな悩みでも共有し、グループメンバーからたくさんのアドバイスをもらうことができます。同期からの肯定で自信が持て、向上心にもつながりました。
また、自分の看護を振り返り深めることができ、とても貴重な経験になりました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 新採用看護研修(電子カルテ操作訓練・薬剤の準備と投与、輸液管理、採血、輸血管理)

■5月
 パワーチャージ研修
 急変時の対応

■6月
 パワーチャージ研修
 フォローアップ研修

■9月
 パワーチャージ研修
 フォローアップ研修

■2月
 チームナーシング研修

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

厚木市立病院
〒243-8588 神奈川県 厚木市水引1-16-36
病床数 347床
診療科目 内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、呼吸器外科
消化器内科、消化器外科、循環器内科、小児科
外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、皮膚科
泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科
リハビリテーション科、放射線科、麻酔科
看護方式 チームナーシング
看護配置 7対1看護体制

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索