看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 S・T
病院名 厚木市立病院
所属診療科目 脳神経外科・耳鼻咽喉科病棟
役職・資格 看護師
卒業学校 神奈川県立よこはま看護専門学校
卒業年 2019年卒業

入職を決めた理由

就職先を考えているときに、いろいろな病院のインターンシップに参加しました。地域に密着してさまざまな疾患を対象としている公立の総合病院で働きたいと思い、当院のインターンシップに参加しました。
インターンシップで訪れた病棟で、看護師同士がよく話していたり、多職種の職員とも話したりしている場面を見て、病院の雰囲気の良さに引かれました。
また、新人からベテランまで幅広い年代の看護師が活躍していると聞いたため、学びやすい環境だと感じた他、多くの認定看護師が病棟に勤務しており、身近に専門性のある看護を学ぶことができると思い志望しました。

病院選びで重視した点

一つ目に、看護師は患者さんやご家族をはじめ、多くの人と関わる職業であり、スタッフ同士の関係が良くないと患者さんに良質な看護を提供できないと考えていました。そのため、病院の雰囲気の良さを重視していました。
二つ目に、病院の掃除が行き届き、入院患者さんをはじめ、外来患者さん、面会者の方が気持ち良く病院に来院できることが大切だと思い、病院の清潔感も重視しました。
三つ目に、働きやすい職場環境でないと看護の質の向上につながらないと思い、希望休が取れ、自分の時間を作ることができ、年休以外に夏休みがあるなど福利厚生が充実した病院で働きたいと思っていました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

[最終学年の前々年]
■10月
 校内で病院説明会


[最終学年の前年]
■4月
 校内で合同説明会

■5月
 病院研究

■6月
 病院研究(病院資料収集)

■7月
 インターンシップ

■12〜1月
 インターンシップ

■3月
 インターンシップ


[最終学年]
■4月
 履歴書作成

■5月
 奨学生試験

■6月
 採用試験
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

私は脳神経外科の病棟に配属され、急性期から回復期の患者さんを対象に看護しています。1年目は毎日覚えることや勉強することが多く、看護師の仕事の大変さを実感していました。しかし、入院時に脳梗塞で麻痺があり歩行することが難しかった患者さんの治療を行った際、理学療法士と協力してリハビリテーションをすることで、歩いて退院することができるまでに回復した患者さんの姿を目の当たりにした時は、看護の楽しさや喜びを感じました。そして、少しずつ患者さんのニーズに応えることができるようになり、寄り添った看護が提供でき、やりがいを感じることができるようになりました。

新人研修内容の特長

新採用研修では、配属前に日常の看護に必要な技術や知識を習得するため、吸引や採血、輸液・輸血管理など、学生の時には学ぶことのできなかった看護技術を実際に体験しながら学ぶことができました。先に学ぶことで、セクション配属後には一度学んだ技術を基に振り返りながら実施することができました。
また、1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月の集合研修後に、パワーチャージ研修があります。この研修では、普段は違うセクションで働いている同期と悩みや不安を打ち明け合い、自分一人で悩んでいるわけではないことを共有することができました。普段緊張しながら業務にあたっているため、同期と話すことで気持ちが楽になり、さらに頑張ろうという前向きな気持ちにもなりました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 新採用研修(薬剤の取り扱い、輸液・輸血管理、採血、吸引などの日常看護の集合研修)
 配属セクションでのシャドーイング、受け持ち患者2人から開始し研修

■5月
 急変時の対応(集合研修)、夜勤見学(シャドーイング)、パワーチャージ、
 フォローアップ研修、院外研修

■6月
 母校訪問

■9月
 フォローアップ研修、パワーチャージ

■10月
 院外研修

■11月
 院外研修(認知行動療法)

■2月
 チームナーシング研修

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

厚木市立病院
〒243-8588 神奈川県 厚木市水引1-16-36
病床数 347床
診療科目 内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、呼吸器外科
消化器内科、消化器外科、循環器内科、小児科
外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、皮膚科
泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科
リハビリテーション科、放射線科、麻酔科
看護方式 チームナーシング
看護配置 7対1看護体制

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索