看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 橋実里(タカハシミサト)
病院名 虎の門病院分院
所属診療科目 肝臓科、腎センター、血液内科、呼吸器内科、神経内科
役職・資格 看護師
卒業学校 神奈川県立保健福祉大学
卒業年 2013年卒業

入職を決めた理由

保健師の学会に参加した際に、虎の門病院で学生実習を経験した先輩方と出会いました。先輩方は保健師での就職を決めていましたが、看護師として就職するなら虎の門病院が良いと勧めてくれて、当院に興味を持ちました。病院見学に実際に参加すると、スタッフの皆の雰囲気の良さを感じ、教育体制も充実していることを知り、ここに入職したいと思いました。
また、虎の門病院分院は桜の木があり、院庭を散歩されている方も多く、患者さんとともに四季を感じられる環境があることも分院に入職を決めた理由の一つです。

病院選びで重視した点

看護技術や知識がしっかりと身に付けられる教育制度があるかを重視しました。基本的看護実践マニュアルが充実しており、技術の手順だけではなく知識も学ぶことができます。またマニュアルはいつでも閲覧することができるため、久しぶりに実施する看護技術の前にすぐにマニュアルを読み直すことは今でも日々行っていますし、安全な看護技術に欠かせないものとなっています。マニュアルをもとにしたテストを個々のペースで受講できることも魅力に感じました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■3月
 先輩から虎の門病院を勧められる

【最終学年】
■8月
 病院見学

■9月
 採用試験

■10月
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

採血の頻度が多い病棟で、初めの頃は失敗してしまうことも多く、「初めて失敗された」と患者さんに言われ自分の未熟さを痛感することが度々ありました。他にも初めて経験する技術が多く、先輩の動き方や準備手順を必死でメモしていたことを思い出します。そんな中でも、患者さんから「慣れてきたね」「採血上手になったね」と声を掛けてもらうことも段々と増え、患者さんに成長を見守ってもらえていたような感覚があり、それをとても嬉しく感じていました。

新人研修内容の特長

マニュアルをいつでも閲覧できるため、手順に加えて知識も予習・復習がすぐにできることがとても役立ちました。初めて経験する技術は、先輩が実施するのをまず見学、次に先輩の見守りのもとで自分が実施、そして自立してOKか見てもらうという流れがあり、安全に患者さんに技術提供できるようになっています。
病棟の先輩と同期と共に振り返りをするフォローアップや、病棟を越えて同期が集まり気がねなく話せる新人情報交換会では悩みを共有し、アドバイスをもらえることでまた頑張ろうと思える機会になりました。

1年間の新人研修スケジュール

※3月末に全職種合同オリエンテーション
■4月
 ☆入職☆
 新人研修(講義・技術演習)
 日勤シャドウイング:先輩フォローのもとで受け持ち開始
 4月末 夜勤オリエンテーション・シャドウイング開始

■5月
 1ヶ月フォローアップ

■6月
 レクリエーション(ディズニーランド)

■7月
 3ヶ月フォローアップ

■10月
 6ヶ月フォローアップ

■11月
 他部署での研修(外来で研修しました)

■1月
 プライマリ・ナーシング(受け持ち看護制)オリエンテーション後開始

■3月
 12ヶ月フォローアップ

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
〒105-8470 東京都 港区虎ノ門2-2-2
病床数 1119床
診療科目 血液内科、内分泌代謝科、呼吸器センター、肝臓内科、消化器内科、脳神経内科、リウマチ膠原病科、精神科、臨床腫瘍科、循環器センター、腎センター、消化器外科、乳腺・内分泌外科、脳神経外科、間脳下垂体外科、脳神経血管内治療科、小児科、皮膚科、放射線科、放射線診断科、整形外科、形成外科、産婦人科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、歯科、救急科、集中治療科、リハビリテーション科、病理診断科、臨床検査科、臨床感染症科、緩和医療科、分院内科総合診療科、分院消化器外科、分院麻酔科
看護方式 受け持ち看護制(プライマリ・ナーシング)
看護配置 本院:一般病棟7対1入院基本料、ICU
分院:一般病棟7対1入院基本料、HCU、回復期リハ病棟、地域包括ケア病棟

検索