看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 M・K
病院名 明和病院
所属診療科目 循環器内科、腎・透析科、糖尿病内科混合病棟
役職・資格 看護師
卒業学校 川崎医療短期大学
卒業年 2018年卒業

入職を決めた理由

当初、私は別の病院への就職を希望していました。しかし、他の病院も見てから決めようと当院へ病院見学をしました。その際、当院の看護師の先輩方が学生の私たちを明るく迎えてくださり、病院の雰囲気の良さに驚きました。また、看護師が活き活きと働いている姿がとても印象に残り、「私もここで働きたい」と思い、当院への入職を決めました。

病院選びで重視した点

自分が携わりたい分野があるか、新人教育が充実しているかということと、職場の雰囲気が大事だと思います。
資料だけではわからないこともありますので、実際に病院見学・インターンシップに参加していろいろな病院を比較してみると良いと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■4月
病院の資料を集める

■8月
病院見学・インターンシップに参加

■10月
就職サイトが主催する合同説明会に参加

■12月
病院見学に参加

■3月
インターンシップに参加
病院見学に参加

【最終学年】
■9月
採用試験
就職先内定

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

1年目の時に苦労したことは、多重課題の中で優先順位をつけること、時間管理を行うことでした。困ったときは、ペアナースに相談しアドバイスをもらいやすい環境が整っています。私にとって、PNS制度はとてもありがたかったです。
私の所属する病棟は、緊急入院担当病棟でもあります。小児・産科以外のすべての診療科全科の患者が入院するため、多様な看護の場面に悩むこともありました。しかし、多くの疾患が学べるチャンスでもあり、日々頑張っています。
うれしかったことは、患者さんから「ありがとう」と言われたとき、先輩ナースに「できるようになったね」と褒められたとき、患者さんが元気に退院されたときです。

新人研修内容の特長

私が特に良かったと思う研修は、ローテーション研修です。ローテーション研修は、自部署の環境に慣れた10月頃から、希望する2部署を選択し、それぞれの部署で2週間研修します。
私の病棟の主診療科は、循環器内科、腎・透析科、糖尿病内科ですが、緊急入院は産科、小児科以外の幅広い診療科の患者が入院するため、他科の知識を深めたいと考え、外科病棟、腫瘍内科・血液内科病棟へローテーション研修に行きました。研修病棟では、周手術期の看護、化学療法、無菌室での看護など他部署の専門知識を学べ、看護の視野が広がり、とても有意義な研修となりました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
看護部新人オリエンテーション
BLS

■6月
医療安全/標準予防策と経路別予防策/安全な食事介助(0.5日)
産褥予防ケア@

■7月
4ヶ月目フォローアップ(0.5日)

■8月
フィジカルアセスメント(1日)

■9月
薬剤管理

■10〜3月
ローテーション研修

■10月
産褥予防ケアA

■11月
看護に必要な情報を得るために

■12月
9ヶ月目ブラッシュアップ(0.5日)

■1月
報告連絡相談、多重課題

■3月
看護論理

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

医療法人 明和病院
〒663-8186 兵庫県 西宮市上鳴尾町4-31
病床数 357床
診療科目 総合診療科、内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、血液内科、腫瘍内科、漢方内科、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、人工透析内科、外科、消化器外科、呼吸器外科、乳腺・内分泌外科、ペインクリニック外科、整形外科、リハビリテーション科、皮膚科、形成外科、泌尿器科、小児科、耳鼻いんこう科、眼科、産婦人科、放射線科、麻酔科、臨床検査科、病理診断科、救急科、歯科、歯科口腔外科
看護方式 平成28年度からPNS (partnership nursing system)を全病棟に取り入れました。
PNSで先輩看護師と常に行動を共にすることで、新人看護師が抱く知識、技術の未熟さに対する不安は軽減し、またインシデントの発生リスクも抑制されます。
看護配置 一般病棟 7:1看護(一般病棟入院基本料1)
地域包括ケア病棟 13:1看護(地域包括ケア病棟入院基本料1)
ICU・CCU 2:1看護(集中治療室特別加算)

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索