看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 S・N
病院名 明和病院
所属診療科目 消化器内科・小児科
役職・資格 看護師
卒業学校 武庫川女子大学
卒業年 2020年卒業

入職を決めた理由

私が入職を決めた理由は3つあります。
1つ目は、私は地域密着型の病院を志望していました。当院は地域包括ケア病棟や訪問看護センターを併設し、円滑な在宅医療と看護の提供を実践しています。急性期病院でありながら、私が目指す患者の生活に寄り添う看護を行えると考え入職しました。
2つ目に「私たちは優しく誠実な看護を提供します」という看護部の理念に共感したからです。
3つ目は、相互に協力し合い、安全で質の高い看護を提供することができるPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を取り入れている点に魅力を感じました。

病院選びで重視した点

私が病院を選ぶ要件として大切だと思うことは、入職して自分がなりたい看護師になれる病院かどうかです。まず、自分がどんな看護師になりたいかを考える必要があります。
私はひとりで考えてもなりたい看護師像を思い浮かべることができなかったです。しかし、さまざまな病院の理念を見て共感したり、実習やインターンシップを通して現場で働く先輩を見たりして、患者さんに寄り添うことができる看護師になりたいと思いました。
次に、病院についても研究する必要があります。病院の機能を理解することや、病院や看護部の理念、教育体制など、資料だけでも得られる情報はたくさんあります。病院見学やインターンシップに参加した際は、詳しく知りたい内容は直接質問して情報収集を行い、その病院で自分のなりたい看護師になれるのか検討していくことが大切だと考えます。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■1月
就職サイトが主催する合同説明会に参加

■3月
合同説明会に参加 インターンシップに参加 願書を提出する
第1志望の病院を決め、スケジュールを立てる

■4月
面接を受け始める

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

苦労したことは看護技術の習得です。初めて実践する看護技術はとても緊張し、上手くいかないこともありました。その都度振り返りを行うことで、上手くできたときは嬉しかったです。
他にも嬉しかったことは、患者さんが退院するときに笑顔で「ありがとう」と言ってもらえたことです。発熱や疼痛に対して冷罨法を行い、安楽な姿勢や環境を整えるなどの看護を行ったことで、疼痛軽減につながり、退院時には笑顔で「ありがとう」と言われたときがとても嬉しかったです。
よかったことは同期がいたことです。お互いに先輩から指摘された点を共有し、学び直すことで、より多くの知識を付けることができました。また、同期が自分よりも早く技術習得できていると、より一層頑張ろうというやる気につながります。

新人研修内容の特長

夏に行ったフィジカル・アセスメントの集団研修では、事例を用いて、先輩の指導のもとグループで事例患者をアセスメントしました。違う診療科の同期とグループで話し合うことで、各病棟で学んだ知識を共有することができ、実践に活かせるような内容でした。
また、病棟では新人一人ひとりに相談できるペアの先輩がいます。先輩と一緒に目標に対して振り返りを行うことで、次への課題を見つけることができ成長に繋がっています。そして、夜勤独り立ちへの不安や技術習得が難しいときなど相談して、先輩のやり方やコツを教えていただいています。何か不安なことがあった場合に相談できる先輩がいることは、新人にとってとても心強いです。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
看護部新人オリエンテーション

■5月
BLS(各部署)
看護記録・医療安全@

■6月
褥瘡予防ケア@・看護倫理・標準予防策・医療安全A
夜間シャドウイング開始

■7月
食事介助
4ヶ月目フォローアップ研修(午後半日+懇親会)
遅出シャドウイング開始

■8月
フィジカルアセスメント
夜勤遅出独り立ち

■10月
薬剤管理
ローテーション研修

■11月
患者の看かた
ローテーション研修

■12月
9ヶ月目ブラッシュアップ研修
ローテーション研修
褥瘡予防ケアA

■1月
報告連絡相談・多重課題
ローテーション研修

■3月
看護倫理
ローテーション研修

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

医療法人 明和病院
〒663-8186 兵庫県 西宮市上鳴尾町4-31
病床数 357床
診療科目 総合診療科、内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、血液内科、腫瘍内科、漢方内科、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、人工透析内科、外科、消化器外科、呼吸器外科、乳腺・内分泌外科、ペインクリニック外科、整形外科、リハビリテーション科、皮膚科、形成外科、泌尿器科、小児科、耳鼻いんこう科、眼科、産婦人科、放射線科、麻酔科、臨床検査科、病理診断科、救急科、歯科、歯科口腔外科
看護方式 平成28年度からPNS (partnership nursing system)を全病棟に取り入れました。
PNSで先輩看護師と常に行動を共にすることで、新人看護師が抱く知識、技術の未熟さに対する不安は軽減し、またインシデントの発生リスクも抑制されます。
看護配置 一般病棟 7:1看護(一般病棟入院基本料1)
地域包括ケア病棟 13:1看護(地域包括ケア病棟入院基本料1)
ICU・CCU 2:1看護(集中治療室特別加算)

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索