看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 T・R
病院名 総合相模更生病院
所属診療科目 内科病棟
役職・資格 看護師
卒業学校 青森県立黒石高等学校
卒業年 2018年卒業

入職を決めた理由

病院合同就職説明会にて説明を受け、“アットホーム”という言葉に惹かれ、インターンシップに参加したことがきっかけです。実際に見学した際、中規模病院ならではの和やかな雰囲気で、落ち着いて患者様と関われることに魅力を感じ、ここで働きたいと思いました。また、奨学金や福利厚生などの制度が充実しているのも大きな決め手だったと思います。奨学金を借りて国家試験合格のために惜しまず講習会に参加できたので、比較的安心して学校生活を送ることができました。

病院選びで重視した点

自分のやりたい看護ができるかを重視しました。学生時代の実習で、患者様の側にいてタッチングやお世話をさせていただく、ゆったりとした雰囲気がとても好きだと感じました。そのようなコミュニケーションがとれるような病院を探し、いくつかのインターンシップに参加しました。実際に見学すると、急性期でどんどん経験を積めるような病院もありましたし、説明会でいただいた資料を読んで想像するのとは遠い、実際に見なければわからない部分が多かったと思いました。そのため、見学は惜しまず、自分の看護師像に合った病院を探すことがとても大切だと思いました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■5月
 地域で開催されていた合同説明会に参加

■8月
 インターンシップ参加

■9月
 インターンシップ参加

■2月
 奨学金貸与の申し込み

■3月
 履歴書記入・面接練習

【最終学年】
■4月
 採用面接
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

苦労したことは急変時の対応です。私は急性期内科に所属しており、急変が起こる機会が多くあります。初めは知識もなく焦ってしまい、先輩の動きを見学してメモをとることで手一杯でした。その後、プリセプターから実際の経験に基づいた看護の方法についてご指導いただき、徐々に対応できるようになってきたと思います。現在は、指導していただいたことを踏まえて勉強する余裕ができ、看護に活かされた、と感じる瞬間があり嬉しくなりました。

新人研修内容の特長

看護部だけでなく、ワゲングループ全体の同期での研修があり、他職種との関わりを深められることが特長だと思います。3ヶ月おきのフォローアップ研修では、ワゲングループ全体の同期で集まり、グループワークで悩みを共有したり、登山やヨガを行ったりしてリフレッシュできる機会があります。業務中、薬剤やME機器等、わからないことがあった時でも話しやすく気軽に聞くことができ、プライベート面でも相談できる仲間ができて、安心して仕事ができています。看護部では、看護技術チェックリストを用いて評価し、出来ること出来ないことが一目でわかることが役に立ったと思いました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 ・ローテーション研修

■5月
 ・1ヶ月フォロー(配属部署決定、個人目標作成)
 ・看護記録
 ・輸液、シリンジポンプ
 ・採血、血管確保 
 ・点滴作成
 ・心電図モニター

■6月
 ・バルン挿入、導尿


■7月
 ・3ヶ月フォロー

■10月
 ・6ヶ月フォロー
 ・輸血

■11月
 ・AED

■12月
 ・吐物の処理
 ・CV

■1月
 ・心電図アラーム

■2月
 ・12誘導
 ・看護研究発表

■3月
 ・1年の振り返り
 ・不整脈

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

社会福祉法人ワゲン福祉会 総合相模更生病院・ワゲン療育病院長竹
〒252-5225 神奈川県 相模原市中央区小山3429番地
病床数 225床
診療科目 内科、外科、整形外科、小児科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、脳神経外科、放射線科、麻酔科
看護方式 チームナーシング+受け持ち制
看護配置 【一般病棟】10:1
  • 社会福祉法人ワゲン福祉会 総合相模更生病院・ワゲン療育病院長竹
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索