看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 田侑季(タカダユキ)
病院名 浜松市リハビリテーション病院
所属診療科目 一般病棟(整形外科周術期など)
役職・資格 看護師
卒業学校 聖隷クリストファー大学
卒業年 2018年卒業

入職を決めた理由

学生の頃、リハビリテーション科の実習で、慢性疾患を抱えながらリハビリに取り組む患者さんとの関わりで自分自身が悩む場面が多くありました。気持ちや状況をうまく話せない患者さんに対して、看護師として発見しアセスメントし行動することがなかなかうまくできませんでした。
患者さんとのコミュニケーションについて学び、患者さんの気持ちをくんだ看護が提供できるようになりたい、患者さんの状態変化に気付き丁寧な看護をしていきたいと思いました。インターンシップで新人から回復期病棟で働く先輩看護師と話をさせていただいたこと、大学も聖隷関係であったことから当院に決めました。

病院選びで重視した点

自分の提供したい看護、学びたいことを実習期間中に少しでも考えることが重要だと思います。そうした中でインターンシップや病院説明会に参加することで、その病院の看護理念や病棟の雰囲気を知れば、自分の看護観にあった病院がわかると思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■8月
インターンシップ1回

■2月
大学内開催の病院説明会

■3月
大学内開催の病院説明会
インターンシップ3回

【最終学年】
■4月
インターンシップ2回

■6月
採用試験
就職先内定

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

手技に時間がかかってしまったり、手術などのわからないことへの指導も多く、帰る時間が遅くなってしまうことに苦労しました。また、わからないことを頭の中でうまくまとめて質問することができず、先輩に迷惑をかけてしまうこともありました。
嬉しかったことは、先輩看護師から人づてに申し送りが上手くなったと言われたこと、苦手な手技である採血やルート確保が1回でできたことです。

新人研修内容の特長

新人看護職員研修では最初に新人のみで講義・演習を行います。人形を使ってのシミュレーションや患者役と看護師役に別れて実技を行うことで、実際に注意しなければいけない点を体感できる特徴があります。
職場では最初の1ヶ月間は基本的にプリセプターと2人で受け持ちし、わからないことや指導はその場か勤務終了後に振り返りをして、次の勤務でできるようにしていくような早いフォローがありました。勤務中に聞きづらいこともその日の終わりに時間を作ってくださったので日々成長していけました。振り返りシートを記載し、その日のリーダーか指導者へ提出し、振り返りのあと看護室でファイル保管されるので、先輩が新人の到達度を常に把握できる仕組みになっています。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
・新入職員オリエンテーション(多職種参加:病院理念、医療倫理、接遇、防災など)
・新人看護職員研修(看護部理念、チーム医療、安全、看護必要度、感染、トランスファー、排泄、摂食嚥下、
 救急蘇生、酸素吸入、吸引、クリニカルパス、注射、FIM、血糖測定、記録、導尿など)
・病棟にてシャドーイング
・看護助手・リハビリ療法士の業務体験

■5月
・日勤:先輩看護師とダブルで受け持ち
 (受け持ち患者数が少しずつ増えていく。先輩にその場で質問⇒技術指導、終了後に振り返り)
■6月
・日勤業務独り立ち
・夜勤開始(シャドーイング)
・目標参画シート(目標設定面接)
・1年目宿泊研修(全新入職員が集まり職種横断的なグループワークやレクリエーションなど)

■7月
・キャリアラダーT研修(看護方式、看護過程、退院調整、看護記録など)

■8月
・キャリアラダーT研修(家族介護、意思決定支援、回復期ケア、コミュニケーションなど)

■9月
・看護技術チェック(6ヶ月)
・夜勤業務独り立ち
・キャリアラダーT研修(急変時対応、逝去時対応)

■10月
・目標参画シート(中間評価面接)
・キャリアラダーT研修(医療機器)

■2月
・目標参画シート(最終評価面接)
・看護技術チェック

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

社会福祉法人聖隷福祉事業団 浜松市リハビリテーション病院
〒433-8511 静岡県 浜松市中区和合北1丁目6-1
病床数 225床
診療科目 内科・整形外科・リハビリテーション科・歯科
看護方式 チームナーシング・プライマリーナーシングの併用体制
看護配置 一般病棟 15:1
回復期リハビリテーション病棟 13:1
  • 社会福祉法人聖隷福祉事業団 浜松市リハビリテーション病院
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索