看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 佐藤玲奈(サトウレイナ)
病院名 岩手県立中央病院
所属診療科目 消化器内科・がん化学療法科
役職・資格 看護師
卒業学校 岩手県立二戸高等看護学院
卒業年 2016年卒業

入職を決めた理由

私の父が県立病院で手術を受けたことがありました。その時の看護師さんが患者だけでなく、私たち家族にも優しく寄り添い看護をしている姿をみて、県立病院に就職したいと思いました。産まれ育った地域で働くことで、少しでも岩手県の医療に貢献したいと考えていました。看護学校の実習病院も県立病院であり、看護師から患者に寄り添った看護を多く学ぶことができ、県立病院で働きたいという思いが強くなり入職を希望しました。

病院選びで重視した点

新人教育体制が充実しているということで県立病院を選びました。実際に1年目の時には、病棟全体で支援体制が作られ先輩達から日々丁寧に指導を受けることができたので、とても働きやすく学びやすい環境でした。また、県立病院は福利厚生が整っているため働きやすい環境であると思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■8月
 病院見学

【最終学年】
■7月
 採用試験(筆記試験)

■8月
 採用試験(面接試験)

■9月
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

1年目の時は分からないことが多く、業務を行うことで精一杯でした。失敗をした時や上手く業務を行うことができなかった時には落ち込むことも多くありました。しかし、プリセプターをはじめ多くの先輩看護師が指導をしてくれたり、相談に乗ってくれたりし不安なく働くことができました。私の勤務する病棟は入退院も多く、患者さんと関わる時間が短い中で、顔を覚えて声をかけてくれたり、「ありがとう。」と感謝の言葉をかけられた時は嬉しく、さらに頑張ろうと前向きになることができました。

新人研修内容の特長

当院の新人研修は、高度急性期病院に必要な高い専門性を習得する研修が行われています。新人だけでなく、プリセプターも一緒に研修を受けるため病棟で一緒に振り返りをすることができます。医療局新採用研修は他病院職員と交流することができ、様々な情報支援の場となり新しい発見が得られ、リフレッシュすることができます。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 入職時オリエンテーション:看護部理念・キャリア開発・接遇・看護記録・医療安全等
 医療局新採用者看護技術研修T:採血・静脈注射・輸液ポンプ操作等

■5月
 医療局新採用者研修(宿泊):県職員としての心構え等※他病院職員と一緒に行います
 配置部署:夜勤オリエンテーション

■6月
 院内新人教育:看護技術研修(心電図の読み方)

■7月
 院内新人教育:急変時シミュレーション研修
 医療局新採用者看護技術研修U:創傷・排泄ケア

■9月
 院内新人教育:多重課題研修

■10月
 医療局新採用者研修(宿泊):地方公務員制度・医療安全・チーム医療等※他病院職員と一緒に行います

■11月
 医療局新採用者看護技術研修V:呼吸・循環を整えるケア

■12月
 院内新人教育:NANDA看護診断の基礎研修
 
■2月
 院内新人研修:1年の振り返り(凝縮ポートフォリオ)

病院情報

岩手県立病院(20病院6地域診療センター)
〒020-0023 岩手県 盛岡市内丸11−1
病床数 4600床
診療科目 内科、心療内科、神経内科、血液内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、歯科、小児科、外科、小児外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、精神科、神経科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、婦人科 等
看護方式 チームナーシング
担当看護師制
PNS導入病院あり
看護配置
  • 岩手県立病院(20病院6地域診療センター)
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索