看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

chapter2 第二章 このまなびでスマイルに。

社会医療法人壮幸会
行田総合病院

先輩方のアドバイスを大切にして、 心を込めて自分らしい看護を続けたい。

行田総合病院 根岸 有羽

ある日、肺がんの末期で搬送されてきた女性がいて、その娘さんから告知や入院、お看取りについて相談を受けました。いろいろと希望を伺って、最終的にはご家族皆様が納得できるような方法をご提案できました。
 娘さんから「短い時間だったけど、あなたが担当で本当に良かった。1番いい選択ができたと思う。あなたの笑顔に救われました」と涙ぐみながら言っていただいたことが、今も決して忘れられません。
 こんな感謝の言葉をいただけたのは、ある先輩のアドバイスのおかげだと思います。そのアドバイスとは「救急外来は検査や処置などのルーティンをやりながらも、自分がどう看護するかが大事」という信念です。
 これからも「自分はどのような看護をしたいか?」をよく考えながら、尊敬する先輩方のような看護師になれるよう、日々精進して行きたいと思っています。

行田総合病院 根岸 有羽

ページの先頭へ

社会医療法人壮幸会
行田総合病院

根岸 有羽

救急外来

コロナのためにオフタイムの過ごし方は限られますが、自宅で映画を見たり、ドライブをしたりしてリフレッシュしています。また部署の同期と食事をしたりすることで、気持ちを切り替えています。コロナが落ち着いたら、好きな旅行やお出かけもしたいです。

ページの先頭へ

資料請求