看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

chapter2 第二章 このまなびでスマイルに。

川崎市立 井田病院

患者さんの思いを真摯に受け止めて、
看護したい。

川崎市立 井田病院 酒井夕凪

膀胱がんのために尿路を変更しなければならない I さんに 告知をする場面に同席したときのことです。
 普段は明るい I さんでしたが、告知後に「ショックだね」と つぶやいてとても落ち込んでいらっしゃいました。 私は、どう声を掛けていいのか分からず、奥様と一緒に涙ぐむ I さんをただ、見つめることしかできませんでした。その様子を見に来てくれた 先輩看護師は、いつもと同じように I さんに話しかけ、今後のことを丁寧に 説明して「 一緒にがんばりましょう」と真摯に向き合っていました。
 沈んでいた空気が徐々に変わり、 I さんは辛い心の内を先輩看護師に 語りだし、最後には前向きな言葉と笑顔が見られました。
 無事に手術が終わって I さんは「患者は話を聞いてくれるだけで 全然違うんだよ」と私に声をかけてくださいました。この経験で 告知を受けた患者さんとの向き合い方を学ぶことが出来ました。
I さんの言葉をいつも心に留めて、患者さんの思いを真摯に受け止めて 看護しています。

川崎市立 井田病院 酒井夕凪

ページの先頭へ

川崎市立 井田病院

酒井夕凪

腎・泌尿器科・糖尿病内科

休日は旅行に出かけたり、友人や同期と外出して気分転換するようにしています。特に看護学校時代の友人や同期は、仕事の話ができるので、悩みを相談したりしています。看護師はやりがいのあるとても素敵な職業だと思います。看護学生の皆さん、がんばってください。

ページの先頭へ

資料請求