看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

chapter2 第二章 このまなびでスマイルに。

厚木市立病院

子どもの頃に憧れた看護師さんに近づけるよう、 日々の努力を重ねたい。

厚木市立病院 行方 万淑

小学生のときに3カ月ほど入院したことがあります。寂しかったり、イライラしたときには、看護師さんが話を聞いてくれたお蔭で、安心できたことを覚えています。その影響を受けて、私も看護師になりました。 実際に働いてみると毎日とても忙しく、業務をこなすことで精一杯な日々…。そんななか、ある患者さんの介助に付くことになり、処置に怯えた様子だったので手を握って「大丈夫ですよ」と声を掛けて励ましました。 数週間後、無事に退院することになった患者さんから、手紙をいただきました。中には「温かい手をありがとう」の文字が。私はその言葉を読んだとき、小さい頃に憧れた看護師さんに少し近づけたような気がしました。 これからも、患者さんが安心して療養できる環境を整えられる看護師でありたいと思います。

厚木市立病院 行方 万淑

ページの先頭へ

厚木市立病院

行方 万淑

外科・泌尿器科病棟

看護師の友達と会うときは、仕事のあるあるネタをよく話しています。地元の友達とは、ビーチまでドライブして、スムージーなどを飲みながらゆっくりしています。波の音を聞いたり、遊んだりしてリフレッシュすると、また明日からがんばろう!という気持ちになれます。

ページの先頭へ

資料請求