看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

chapter1 第一章 このふれあいでスマイルに。

地方独立行政法人
総合病院 国保旭中央病院

子どもたちの笑顔が看護の原動力。 学びを積んで頼れる看護師を目指します。

総合病院 国保旭中央病院 安藤 琴音

昔から子どもが大好きで、念願の小児科に入職して2年目に入りました。日々、子どもたちや家族の方々と関わる中で、多くの発見や学びを感じています。 看護のやりがいを感じるのは、入院したての頃は体調が悪くて泣いてばかりいる子どもたちが、症状が良くなるとともに一緒に遊べるほど元気を取り戻して、笑顔で退院する姿を見ることです。子どもたちの元気な姿は、私にとって仕事の喜びであり、原動力でもあります。 まだまだ分からないこともありますが、先輩方に相談して、アドバイスをもらいながら看護にあたっています。 入職2年目なので不安になることもありますが、先輩から「できているから大丈夫だよ」と声をかけていただくことで、自信を持って業務を行うことができています。

総合病院 国保旭中央病院 安藤 琴音

ページの先頭へ

地方独立行政法人
総合病院 国保旭中央病院

安藤 琴音

10階西病棟

基本的に家でのんびり過ごすことが多いです。学生時代の友人と休みを合わせて遊びに行くことも大切な気分転換のひとつ。働く病院は違いますが、一緒に学んだ仲間は、今でも信頼できる理解者です。いろいろと話すだけでも刺激を受けて、仕事への意欲が高まります!

ページの先頭へ

資料請求