精神科ナース新人物語 精神科病院で働く新人看護師に聞いてみたかった3つの質問

  • 01
    長谷川病院 長谷川病院 K・M 2016年度(1年目)
  • 医療法人社団碧水会 長谷川病院

    K・M 2016年度(1年目)

    • 資料請求
    • インターンシップ
    • 説明会・見学会
  • 新卒で精神科に入職することに迷いはなかったのでしょうか?

    本当のことを申し上げますと、迷いはありませんでした。もともとは産科領域で看護師をしたいと考えていましたが、講義を聞くうちに精神科への興味が徐々に強くなり結果的に入職を決めました。 新入職での精神科は看護技術が身に付かない、身体的なアセスメントができなくなるのではないか等の不安がありました。
    しかし精神疾患患者の高齢化や認知症患者の増加で身体疾患も併発している方も多く、必ずしも上記の不安が的確ではないと考えるようになりました。

  • 就職するにあたり、周囲に反対はされませんでしたか?

    反対はされました。
    学校の教員には賛成してくれる教員もいましたが、
    「卒後教育が大切なのに、新卒で精神科に入職するのは技術やアセスメントが一般科よりもおろそかになる。」
    「精神科なんて歳をとって体が辛くなってきてから行くところ。」という考えの教員もおり、概ね反対の意見を頂きました。
    卒後教育を重視する考えは私も同感だったので、それならなおさら自身が今後進みたい道で教育を受けることが好ましいと思うようになりました。
    看護師である母親にも最初は反対をされましたが、精神科医療の変遷や自分の考えを話すと理解してくれました。

  • 今の病院を選んだ理由、また実際に働いてみてどうですか?

    当院を選んだ理由としては、在学中から興味のあったオレム・アンダーウッド理論で看護展開できる点、卒後教育が充実している点、当院で実習をしていた学校の先輩が「病棟の雰囲気がとても良い」と言っていた点など理由があります。 実際にインターンシップに参加し、それらの点を確かめ入職を決めました。
    入職後の感想としては、上記の点以外にも職場の人間関係が良く、なんでも聞きやすい雰囲気で勤務することができ、学びのある中で充実した日々を送ることができています。
    また、配属されている病棟の特性上、心配していた看護技術にも基本的な部分では実践する機会もあり、不安が緩和されました。看護技術学習は病院システムでインターネットを用いて自宅で学習することができるので重宝しています。 また、職員のワーク・ライフ・バランスを考えた勤務体制にも満足しており、 長期間勤務することができそうだと思っています。

住所
〒181-8586 東京都三鷹市大沢2-20-36
病床数
500床
診療科目
精神科、心療内科、内科、歯科
看護方式
プライマリーナーシングとチームナーシングの混合
看護配置
精神科(10:1,13:1,15:1,20:1)、一般内科(15:1)
ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

文化放送ナースナビの
スマホサイト

文化放送ナースナビモバイル QRコード
PCと同じID・PWで資料請求やセミナー申込ができます。スマホにURLを送る
  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら