東邦大学医療センター大森病院

東邦大学医療センター大森病院:看護師就職は文化放送ナースナビ

優しく安全で質の高い地域医療を提供します
東京城南地域の人々の健康を守り、特定機能病院・地域がん診療連携拠点病院・エイズ診療拠点病院・災害拠点病院としての信頼を得ています。また、東京都第三次救急指定病院として24時間体制で呼吸・循環器疾患、脳血管疾患、交通外傷、極小未熟児などの救急患者を受け入れており、その活動は都内有数であると自負しています。また、「皮膚・排泄ケア、集中ケア、認知症看護、不妊症看護、糖尿病看護」の認定看護師の教育研修病院としての役割を果たしています。

資料請求 ブックマーク

テーマ・特長

レベルに合わせた教育で着実に成長

【教育・キャリアアップ】 レベルに合わせた教育で着実に成長

東邦大学医療センター大森病院では、入職時新人看護師教育に「私は何を大切に看護をしていきたいか」をテーマにグループワークを行っています。この研修は看護部理念から教育方針である看護観を育てることを目的に実施しています。
 看護の出発にあたって、自分が目指す看護について考え、看護の目標「何を大切にしたいか」を見出すことにより、自分が目標に向かって成長していることを確認し、自分を見失うことなく成長できると考えます。
 新人看護師は実務に入ると、膨大な知識と技術の習得に追われ、無我夢中で毎日を過ごすことになります。また、職業としての看護に触れ、理想と現実の違いや、思うように行動できない自分自身への苛立ち・不安を感じることがあります。看護の振り返り研修を行い、その中で皆が同じ思いで看護をしていること、入職当初に考えた「看護の目標」に変化がないこと、現在行っていることは自分の目指す看護に繋がっていることを確認し、自分がしたい看護ができるようになるための目標を見出します。
 その後、一年の締めくくりとして、各自がこれまでの患者との関わりを振り返り、一人ひとりが事例を発表。その時の患者・家族の気持ちから自分の行ったケアは看護になっていたのか考え、皆で語り合い、自分が大切に看護してきたことについて考える機会があります。そして、より良い看護をするためにはどのようにすれば良いかを討議し、2年目の目標を各々が見出せるよう関わっています。
 さらに、3年目の7月に看護師になったときのことを振り返り、自分が目指していた看護について考える機会を設けています。これは、自分が思い描いた看護師像を思い出すきっかけとなり、1年目はあくまでも理想だったものが、3年目では自分が着実に近づいていることを感じ、さらにチャレンジすることができます。
 あなたも看護師としての一歩を当院で一緒に歩んでみませんか?

ページの先頭へ

資料請求 ブックマーク

グループ病院・関連病院

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(689件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・
試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

テーマ・特長

文化放送ナースナビの
スマホサイト

文化放送ナースナビモバイル QRコード
PCと同じID・PWで資料請求やセミナー申込ができます。スマホにURLを送る
  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら