文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 教育・特長 > 東邦大学医療センター大橋病院

東邦大学医療センター大橋病院

東邦大学医療センター大橋病院:看護師就職は文化放送ナースナビ

旧大橋病院は1964年に開院され54年間医療を提供してまいりました。『優しい心、親切な心のこもった医療の実践に基づいて、人々の生命を尊重し、人間としての尊厳と権利を遵守する』ことを理念に掲げ、2018年6月に新病院が開院しました。319床とコンパクトになりましたが、1床あたりの床面積は広くなり療養環境は格段に改善されました。入院患者さんからも高い評価を頂いております。                      大橋病院看護部では、患者さん、ご家族の意思を尊重し、入院医療から生活の場へつなげる看護を実践していきたいと考えています。渋谷区・世田谷区・目黒区の中心にあり、アクセスも良好で学ぶ場も多くあります。私たちと『何を大切に看護するか』一緒に考え、実践してみませんか。

  • 先輩ナース特集を見る
  • プレエントリー特集1

資料請求 ブックマーク

教育・特長

患者さんの意思を尊重し、生活を見据えた看護指導を!

【専門分野】 患者さんの意思を尊重し、生活を見据えた看護指導を!

看護師を続けていく中で、糖尿病で合併症が進行し、本人の望まない最後を迎える方や、「もっと早くに何とかしていればよかった…」と話された患者さんに出会いました。このことがきっかけになり糖尿病をもちながら生活する患者さんへの支援がしたいと考えるようになりました。2017年に糖尿病看護認定看護師の資格を取得し、現在は病棟で患者・スタッフの支援・指導を中心に活動しています。
 糖尿病患者さんは年々増え続け、糖尿病または糖尿病を強く疑われる人が日本では5人に1人いると言われています。病棟では、糖尿病と診断されて入院する患者さんだけでなく、糖尿病が要因で脳梗塞・心筋梗塞などの血管疾患を発症する方や、糖尿病網膜症・腎症などの合併症進行によって治療を必要とした方も少なくありません。診療を問わず、基礎疾患に糖尿病がある患者さんの入院も多くなっています。そのため、合併症の進行を予防する「2次予防」を主に、個々の患者さんの生活にあった指導や看護を行う体制を整えています。
 糖尿病の治療の基本は食事療法と運動療法といわれていますが、青年期・壮年期では仕事等により治療が継続できないこともあります。私が体験したケースでは、メディアなどで紹介された食事方法を行った結果、逆に状態が悪くなってしまった、高齢になって薬の飲み忘れが多くなり、コントロールがうまくいかなくなったということもありました。
 看護師が糖尿病を理解して、予防という視点でも積極的に関わることができるようになる基盤を整えていくことが私の課題です。患者さんと相談しながら、病棟や外来の看護師と一緒に、患者さんが上手に病気をコントロールして生活できるような支援・指導方法を考え、互いに協力していくことが、糖尿病看護の原点であり、何より大切だと思います。

ページの先頭へ

資料請求 ブックマーク

グループ病院・関連病院

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(521件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら