看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 宮村水千(ミヤムラミチ)
病院名 横浜市立大学附属市民総合医療センター
所属診療科目 高度救命救急センター 救命後方病棟
役職・資格 看護師
卒業学校 福岡県立大学
卒業年 2018年卒業

入職を決めた理由

大学時代から、関東の大学病院に就職して、最先端の医療や高度な医療技術を学びたいと思っていました。在籍していた大学で開催された合同説明会で横浜市立大学市民総合医療センターの採用担当者の説明を聞き、高度救命救急センターで「市民の最後の砦」として、第3次救急を担っているという部分や新人教育の手厚さにとても魅力を感じました。急性期に興味があった為、救命センターで幅広い年齢層の患者さんや多くの疾患を学びたいと思い、インターンシップへの参加を決めました。インターンシップでは、ペア看護方式で看護師同士が患者の個別性に沿って細かく情報共有したり、ケアを行っている姿に感銘を受け、自分もこのように働きたいと入職を決めました。

病院選びで重視した点

私が大学病院の高度救命救急センターで幅広い年代を対象として、多くの疾患を学びたいと思ったきっかけは、看護学生時代の急性期での実習経験です。学生時代の経験には印象強いものがあり、就職先を選ぶ要因にもなると思います。新人教育、福利厚生も考慮した上で進みたい領域や学びたいものが学べる就職先を探し、病院説明会やインターンシップへ行くことをお勧めします。そこで実際に先輩看護師と接し、自分が実際に働くイメージを持つことはとても大切です。私も病院見学会やインターンシップを通して、実際に病棟で生き生き働いている先輩に憧れ入職を決めました。是非病院見学会等では、病院の設備だけでなく実際に働いている先輩看護師とたくさんコミュニケーションをとり明るい職場であることを体験してみてください。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■4月
 大学3年生で合同就職説明会に参加

■7月
 関東の病院の資料集め
 夏休みに見学する病院の選定

■8月
 附属2病院の合同病院説明会へ参加

■3月
 横浜市立大学附属市民総合医療センターのインターンシップに参加
 就職サイト主催の合同説明会へ参加

【最終学年】
■4月
 就職試験対策開始

■8月
 採用試験(地方試験)
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

1年目のときに苦労したことは、業務やケアの為暗記することが多く日々の復習が必須であったことです。私の病棟では毎日業務終了後は先輩看護師と1日の流れについて振り返りを行います。その中で出来なかったことや技術的に不足だと思ったことは勉強し、先輩と復習を行っていました。その繰り返しを行うことで少しずつ知識や技術が身に付き、アセスメント力も付くようになります。日々の成長を患者様や先輩看護師が感じ取って下さり、褒めていただけた時はとても嬉しかったです。毎日の積み重ねは大きな成長に繋がることを実感したので、今でも自身で振り返りを行い、日々学んでいます。

新人研修内容の特長

入職当初にセルフケアマネジメント研修が導入されます。自分のライフタスクをどのように対応していくかという研修です。2ヶ月後、半年後とフォローアップが設けられており自分の体験や経験を多くの同期と共有することで自分の悩みは自分だけでないと実感し、セルフケアマネジメントの研修後は、また新たな気持ちで頑張ろうとスタートを切ることができます。また、私が所属している高度救命救急センターにおいては外傷によって入院されている方も多く、急性期ならではの疾患についての勉強会や急変時の対応の研修を救命センターの医師や大学病院が誇る多くの専門・認定看護師が開催してくださいます。研修内容は臨床に沿っており、とてもわかりやすく復習することで知識として身につけています。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 【全体】新採用者オリエンテーション(教育プログラム、業務、記録、安全管理、防災・災害対策 etc)
     基礎看護技術研修(感染防止技術、移送・移動、ME機器、BLS、パートナーシップマインド、セルフマネジメント etc)
     コミュニケーション研修         
 【部署】部署業務シャドーイング(業務取得期間)
     日勤業務シャドーイング開始

■5月
 【全体】静脈採血研修
 【部署】日勤業務ダブル開始

■6月
 【全体】フォローアップ研修(2ヶ月後 レジリエンス)
     重症度、医療・看護必要度研修 
 【部署】深夜勤業務シャドーイング開始

■7月
 【全体】総合演習
 【部署】深夜勤業務ダブル開始
     準夜勤業務シャドーイング開始

■8月
 【部署】準夜勤業務ダブル開始

■9月
 【全体】薬剤の取扱い研修
     フォローアップ研修(半年後 レジリエンス)
 【部署】夜勤独り立ち

■10月
 【全体】CVC管理研修
     安全管理研修

■11月
 【全体】静脈穿刺研修

■12月
 【全体】12誘導心電図研修

■1月
 【全体】看護職における倫理と責任に関する研修

■2月
 【全体】膀胱留置カテーテル研修
     一年間のまとめ(事例検討)

■3月
 【全体】フォローアップ研修(1年後)

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

公立大学法人横浜市立大学 横浜市立大学附属市民総合医療センター
〒232-0024 神奈川県 横浜市南区浦舟町4-57
病床数 726床
診療科目 【疾患別センター】
高度救命救急センター 総合周産期母子医療センター リウマチ・膠原病センター 炎症性腸疾患(IBD)センター 精神医療センター 心臓血管センター 消化器病センター 呼吸器病センター 小児総合医療センター 生殖医療センター

【診療科】
一般内科 血液内科 腎臓・高血圧内科 内分泌・糖尿病内科 神経内科 乳腺・甲状腺外科 整形外科 皮膚科 泌尿器・腎移植科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科・口腔外科・矯正歯科 麻酔科 脳神経外科 リハビリテーション科 形成外科 病理診断科 臨床検査科
看護方式 継続受け持ちペア看護方式
看護配置 7:1
  • 公立大学法人横浜市立大学 横浜市立大学附属市民総合医療センター
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索