看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

先輩ナース特集

氏名 K・Y
病院名 横浜市立脳卒中神経・脊椎センター
所属診療科目 SCU
役職・資格 看護師
卒業学校 神奈川県立看護専門学校
卒業年 2019年卒業

入職を決めた理由

インターンシップに参加した際、自然光が差し込み、後遺症で片麻痺が残存しても使用しやすいよう工夫された病院内の構造、スタッフみんなの暖かい雰囲気に魅力を感じました。さらに急性期から回復期まで一貫した医療を提供しているため、患者さん一人ひとりの経過や状況に合わせた看護を学ぶことができると感じました。また、福利厚生や研修制度が充実しており、ここなら看護師としての知識・技術を身につけながら長く働くことができると思い入職を決めました。

病院選びで重視した点

教育制度の充実さや病院・病棟の雰囲気が大切だと思います。病院見学に参加した際には、自分がその場所で働いているイメージをしてみて、病院内の環境、スタッフの表情や動きを見ながら「こういう環境で働きたいな」と思える場所が良いと思います。また入職1年目は慌ただしく、覚えることだらけです。体調管理も大切になるため、家から通いやすい場所であること、休暇制度が充実しワークライフバランスのとれた職場であることも大切だと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■7月
 インターネットや就職情報誌を活用し情報収集

■8月
 病院見学・インターンシップへ参加

■10月
 病院見学

■12月
 病院見学

■3月
 病院見学・インターンシップ参加

[最終学年]
■5月
 採用試験
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

1年目はとにかく業務に慣れることが精一杯で、毎日必死でした。知識や技術が追いつかないうえ、時間管理や優先順位の付け方がうまくいかず、失敗することもたくさんありました。それでも採血ができるようになったり、夜勤・入院業務ができるようになったりと少しずつ看護師として成長できたと感じるたびに嬉しい気持ちになりました。そしてなによりも、患者さんとの関わりの中で、ささいなことでも患者さんの笑顔や言葉が返ってきたときが「看護師になって良かった」と思える瞬間です。

新人研修内容の特長

個々のペースに合わせた研修制度で、技術などは自立できるまで先輩看護師に見てもらえます。不安なときは一緒にナーシングスキルを確認し、アドバイスをもらえたので安心して臨めました。時期を考慮しながら、管理が必要な看護(ドレーン管理など)を学び、教育担当以外の先輩看護師にも一緒にサポートについてもらえるので心強かったです。また年に数回ある集合研修では、同期と会える貴重な機会の場なので、研修しながらも楽しく学べました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 院内オリエンテーション・部署内オリエンテーション
 看護技術研修:酸素療法、採血、吸引手技、移送・移乗、点滴管理、経管栄養、
        バイタルサインの測定、医療機器実技研修など

■5月
 BLS研修
 看護技術研修@ 摂食嚥下看護(安全な食事介助・経口与薬)

■6月
 看護記録研修:倫理的配慮・法的責任を知る、記録のルール・方法が分かる
 看護技術研修A ポジショニングと関節可動域の基本

■7月
 公開講座
 新採用者フォローアップ研修

■9月
 メンバーシップ研修:看護チームにおけるメンバーの役割・チーム医療
 看護技術研修B 呼吸循環のアセスメント

■10月
 公開講座
 NPPVマスクフィッティング講習会(Basic)

■11月
 医療安全研修
 看護技術研修C 尿留置カテーテルの管理
 人工呼吸器患者の看護研修

■12月
 車椅子の安全管理(実技)研修

■3月
 新採用者研修終了式
 1年の振返り・1年目で学んだことをレポートで発表

この病院の他の先輩を見る

病院情報

:看護師就職はブンナビ看護

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター
〒235-0012 神奈川県 横浜市磯子区滝頭1−2−1
病床数 300床
診療科目 脳神経内科、脳神経外科、整形外科、循環器内科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、内科
看護方式 固定チームナーシング継続受け持ち方式
看護配置 ・一般病棟:7対1
・HCU:4対1
・SCU:3対1
  • 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター
  • 資料請求

■初めての方は、まずは会員登録(無料)
■看護師の方は、直接病院にお問い合わせください

検索