看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

chapter2 第二章 このまなびでスマイルに。

公立豊岡病院組合
公立豊岡病院

看護師が与える“安心感”で、
患者さんの心を包んであげたい。

公立豊岡病院 谷村 早紀

 私が看護師になる前のことです。ある時、突然左足が動かなくて歩けなくなったことがありました。また、ある時には、孤独と不安で心が病んだこともあります。
 そんな時、関わってくれた看護師が与えてくれたのは“安心感”でした。私のそばで優しい言葉をかけてくれたこと、自由に動けない私の代わりに、手となり足となり生活を支えてくれたこと…。看護師たちの言葉や行動のすべてにあたたかさを感じて、安心感に包まれました。
 たくさんの人に支えられ私は看護師になり、今は患者さんに「あたたかい看護」を届けられるように日々努力しています。失敗して落ち込むこともありますが、楽しくて、不思議なほどの力を生み出すこともあります。
 思いを言葉で伝え、行動につなげて、患者様からの「ありがとう」の言葉を胸に、あたたかい看護の輪を広げていきたいと思っています。

公立豊岡病院 谷村 早紀

ページの先頭へ

公立豊岡病院組合
公立豊岡病院

谷村 早紀

6階西病棟 退院支援病棟

 豊岡病院は祭りや旅行などのイベントが豊富で食事会なども多く、職場の方々とプライベートでも仲良くさせていただいています。休日は地元に帰省して家族と過ごしたり、友人とおいしいものを食べて過ごしたり、バレーボールなどをしてリフレッシュしています。

ページの先頭へ

資料請求