文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 就活アドバイス > いざ試験!!面接対策

いざ試験!面接対策

基本的なマナーを守り、いつも通りの自分で本番を迎えるために、事前準備は怠りなく。本番で慌てないために、面接の流れと受け答えについてシュミレーションをしておきましょう。

  • 面接の種類
  • 面接の流れと注意点
  • 押さえておきたい質問例
1

控え室で待機

着席して静かに待ち、名前を呼ばれたら「はい」と大きな声で返事をして、面接会場に向かいます。

2

ドアの前でノック

面接室に入る時は、まず、ドアを軽く3回ノックします。「どうぞ」という面接官の声が聞こえてからドアを開けましょう。

3

「失礼します」と挨拶

「失礼します」と一言添えて入室します。ドアを閉める時は、面接官にお尻を向けないように気をつけながら、ドアの方を向いて静かに閉めます。

4

名前を名乗る

イスの横まで歩き、「○○学校の△△です。よろしくお願いします」としっかり挨拶を。面接官に「どうぞ」と勧められてから着席します。

5

正しい姿勢で座る

背もたれにはもたれず、背筋を伸ばしてイスに座ります。バッグなどの荷物はイスの脇か足元に立てて置き、両手は膝の上に揃えて置きます。

6

終了後はお礼を

面接が終わったら、「ありがとうございました」とお礼を述べてお辞儀をします。ドアの前まで進んだら、最後にもう一度面接官にお辞儀をして退室しましょう。

※看護学生のための就活ガイダンスブックより転載

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • この春ご卒業の2019年卒で未内定で看護師資格取得された方対象の「個別就職相談会」
    • LINEスタンプ販売中!!
    • 看護師、有資格者の方 登録はこちら