文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 東京労災病院 > K・A

先輩ナース特集

Profile

氏名
K・A
病院名
東京労災病院
所属診療科目
外科、耳鼻咽喉科、皮膚科
役職・資格
看護師
卒業学校
東京工科大学
卒業年
2019年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

入職を決めた理由は、実習での印象が良かったからです。普段の患者さんへの声かけが優しいのはもちろんですが、看護師同士の会話の雰囲気が良く、忙しい中でも声を荒げることなく円滑に業務を行っていました。このように、いつでも誰にでも丁寧に接することができる看護師になりたいと思いました。

病院選びで重視した点

看護師として成長できること、病棟内の雰囲気が良く看護師間で質問しやすい環境があることを重視しました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

[最終学年の前年]
■2〜3月
 病院研究


[最終学年]
■4月
 病院研究

■5月
 採用試験、面接

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

入職当時は分からないことが多く、毎日学ぶことが多いため大変でした。私の部署は外科系の病棟で、さまざまな疾患の患者が多く毎日新たな発見がありました。褥瘡の処置や術後の管理などを入職してすぐに勉強する機会があります。術後に離床が進み、自分の目で見て「治ってきている!」ということが分かるのはとても嬉しくモチベーションの向上につながります。先輩も優しく分からないことはすぐに質問できる環境なので、日々知識が増えていく実感があり忙しい中でもめげずに働き続けることができました。

新人研修内容の特長

コロナ禍以前の入職であり、現在の研修とは違い集合研修が多かったため、他部署の同期入職者とのつながりを作ることができました。研修の中には、ピクニックに出かけリフレクションを行う研修があり楽しかった思い出があります。また、研修の中で困ったことがあっても、師長や師長補佐が相談に乗ってくれるため、次のステップに進むことができます。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 看護部の組織・教育、PFMについて、身だしなみ・接遇、基準手順マニュアル、
 社会人基礎力@、看護倫理、看護提供方式、認定・専門看護師について、勤労者看護、
 災害看護、電子カルテの使い方、糖尿病の薬物療法、メンタルヘルスマネジメント@、
 褥瘡予防・ポジショニング、酸素療法、食事・口腔ケア援助技術、トランスファー演習、
 心電図・十二誘導、基礎看護技術演習、グループワーク総括

■5月
 勤労者看護、重症度・医療看護必要度、医療ガス、コンチネンスケア、
 BLS(一次救命救急)、安全な食事介助の視点(誤嚥防止のこつ)

■6月
 危険予知トレーニング@、メンタルヘルスマネジメントA、
 静脈注射レベルV講義(薬剤・安全)及び演習、看護診断の基礎、高齢者看護

■7月
 3ヶ月の振り返り

■8月
 静脈注射(感染、解剖生理、薬剤、静脈注射実技)

■9月
 急変予測と対応、6ヶ月の振り返り

■10月
 メンタルヘルスマネジメントB、
 看護倫理(身体拘束・高齢者看護)、身だしなみ、社会人基礎力A、心電図の読み方(基礎A)、
 看護補助者・クラークの業務・役割を知る、高齢者コミュニケーション

■11月
 危険予知トレーニングA、多重課題・急変時対応・看護技術演習、災害看護

■1月
 危険予知トレーニングB、メンバーシップ・チームワーク、緩和ケア・エンゼルケア、看護観

■3月
 危険予知トレーニングC、社会人基礎力B、1年の振り返り

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

独立行政法人労働者健康安全機構 東京労災病院

〒143-0013 東京都 大田区大森南4−13−21

  • 病床数/400床
  • 診療科目/内科(消化器内科、呼吸器内科、腎臓代謝内科、糖尿病内分泌内科、総合診療科)、脳神経内科、循環器科、精神科、小児科、外科(外科、呼吸器外科、乳腺外科)、整形外科、形成外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、病理診断科、救急科
  • 看護方式/固定チームナーシング
  • 看護配置/一般病棟 7:1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(351件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

    看護師、有資格者の方 登録はこちら