文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 静岡県立総合病院 > A

先輩ナース特集

Profile

氏名
病院名
静岡県立総合病院
役職・資格
看護師、助産師
卒業学校
聖隷クリストファー大学
卒業年
2020年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

入職を決めた理由は主に2つあります。1つ目は、家族が当院に末期癌で入院した際、どのように声をかければいいかわからず、病室前で立ち止まっていた時、その病棟の看護師さんが優しく声をかけてくれ救われたからです。その時から看護師という職業に憧れを持つようにもなりました。2つ目は「その人らしさを尊重した温かく質の高い看護の提供」という看護理念に惹かれたからです。臨床実習を通して同じ病気であっても対象者一人ひとりの思いも違えば価値観や社会背景も違い、その人に合った看護の提供をすることの難しさを感じていました。その時に病院説明会でこの理念を聞き、入職後もその人らしさを尊重した看護を目指し、勉強していきたいと思い入職を決めました。

病院選びで重視した点

私は周産期だけでなく、女性の一生に寄り添える助産師になりたかったため、周産期管理だけでなく、婦人科の手術・化学療法・放射線療法等幅広く行っている総合病院へ就職したいと考え、入職先を探しました。また、臨床で働くことへの不安も大きかったため新人教育のプログラムが充実していることを重視して選びました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

[最終学年の前々年]
■3月
 病院説明会に参加


[最終学年の前年]
■8月
 病院説明会に参加

■9月
 インターンシップに参加

■3月
 就職試験の準備を始める


[最終学年]
■5月
 採用試験

■6月
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

入職してからは、より専門的な知識や技術を求められ、自分の知識や技術の不十分さを痛感し、できないことばかりを意識してしまい、落ち込むことが多かったと思います。産婦人科病棟であることから生と死の両方を経験することも多く、気持ちに整理をつけることに時間がかかることもありました。しかし、一緒に振り返りをしたり、相談に乗ってくれる先輩方や励まし合える同期の存在に支えられて働くことができました。また、分娩介助をさせていただいた産婦さんに「お産の間隣にいてくれてありがとう」と伝えられた時にはとても嬉しかったです。

新人研修内容の特長

臨床現場で患者さんに対して看護を提供する前に、丁寧な基礎看護技術研修を実施していただいたことで安心して病棟で働くことができました。一つずつの技術ブースに先輩看護師の方々がいてくださり、質問もしやすい環境でとても勉強になり、基礎的な看護技術を再度確認する良い機会になりました。特に病棟で働き初めて、少しずつ任されることが多くなり多重業務が増えてきた頃に「多重業務」のシュミレーションを行えたことはとても良い経験になりました。また、現場で働くようになると、初めは慣れないことが多く落ち込むこともありましたが、定期的に行われる研修を通して同期と会える場があることで「明日からも頑張ろう」と前向きになることができました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 オリエンテーション
 基礎看護技術研修T

■6月
 基礎看護技術研修U

■7月
 多重業務

■8月
 急変時の対応

■10月
 新人フォロー研修

■11月
 看護過程T・接遇

■2月
 静脈注射研修

■3月
 新人1年の振り返り研修

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

地方独立行政法人静岡県立病院機構 静岡県立病院機構

〒420-8527 静岡県 静岡市葵区北安東4丁目27番1号

  • 病床数/1271床
  • 診療科目/
  • 看護方式/
  • 看護配置/

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(351件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

    看護師、有資格者の方 登録はこちら