文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 岡山市立市民病院 > 三宅礼華

先輩ナース特集

Profile

氏名
三宅礼華(ミヤケアヤカ)
病院名
岡山市立市民病院
所属診療科目
消化器肝臓内科病棟
役職・資格
看護師
卒業学校
川崎医療福祉大学
卒業年
2016年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

学生での実習の経験を含めて、急性期病院で働きたかったことと、福利厚生が充実していて、女性としてさまざまなイベントを経ていくなかで、看護師としての自分のスキルアップにも繋がると思ったことです。
また、1年目研修が充実していて、看護技術を基礎から学べ、PNS制度があることで、常に先輩と行動できることに魅力を感じました。また、病院が新しく綺麗で働きやすい環境であり、駅から近く通勤にも便利であることも、この病院で働こうと決めた理由の一つとなりました。

病院選びで重視した点

長く勤めることを見据え、福利厚生を重視して選択することと、職場の雰囲気や働く環境の良さ、また新人教育の充実も大切だと思います。事前に病院を見学して、病院の雰囲気や自分の学びたい専門科などを調べてみると良いと思います。それに伴い、学生時代の実習を経て、自分がどんな看護師になりたいか理想像が形成されると思いますが、それに近づくことができる環境を選ぶことも大切な理由だと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■3月
説明会に参加
合同説明会に参加(就職サイト主催)

【最終学年】
■4月
病院見学
願書提出

■5月
採用試験

■6月
就職先内定

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

慣れない環境や、初めての臨床での仕事に命と向き合うことの重みを感じ、日々勉強を繰り返し、身体的にも精神的にもつらい時期はありましたが、自分の努力が日々の看護に繋がり、患者さんから感謝の言葉を言っていただけると仕事のやりがいにも繋がり、今では看護師という仕事が楽しいです。
1年目で経験することは全てが初めての連続で、なかなか患者さんとコミュニケーションが取れなくて悩むことや、初めての処置に緊張してなかなかうまくできず、反省の毎日でしたが、先輩に褒めてもらえることが増え、自分でできることが増えていくと仕事のやりがいにも繋がりました。

新人研修内容の特長

新人1年目は1ヶ月間のローテーション研修があり、各部署でいろいろな経験をさせてもらえるため、自分にあった部署選択に繋がります。また、1年間は1年目研修が頻繁にあり、一つひとつ丁寧に看護行為、手技が学べるため基礎を学ぶ良い機会となりました。研修の度に同期の仲間と顔を合わせ、気分転換にも繋がります。
グループ研修もたくさんあり、同期の仲間がどんな経験をしたのか、どんなことで悩んでいるのか、それぞれの経験や気持ちの共有ができたことでリフレッシュでき、病棟でも頑張ることができました。

検索

病院所在地 卒業年    

地方独立行政法人 岡山市立総合医療センター 岡山市立市民病院

〒700-0962 岡山県 岡山市北区北長瀬表町3-20-1

  • 病床数/405床
  • 診療科目/
  • 看護方式/
  • 看護配置/
ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(560件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら