文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 大阪医科大学三島南病院 > S・R

先輩ナース特集

Profile

氏名
S・R
病院名
大阪医科大学三島南病院
所属診療科目
急性期内科病棟
役職・資格
看護師
卒業学校
大阪医科大学看護学部
卒業年
2017年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

当院はゼミの先生の紹介で知りました。実際に病院見学をしてみて、職場の雰囲気を見てみたところ、「ここでならやっていけるかな?」「ここでがんばってみたい」と思い、入職を決意しました。
この病院ではローテーション研修という独自の教育研修があります。急性期、リハビリ、地域包括、療養病棟と、初めの1年間に複数の病棟を経験できる点も魅力に感じました。

病院選びで重視した点

急性期病棟やOP室、リハビリ病棟など、自分がどういう環境でどういう看護師を目指して頑張っていきたいのか、というのも大切ですが、それと同じくらいに職場の雰囲気も大切だと思っています。ギスギスした職場だと「自分はしっかりやっていけるのか?」ととても不安になりますし、何より看護のやりがいを見失ってしまうかもしれないからです。複数の病棟で看護を学べるという教育面だけではなく、職場の雰囲気を知るという意味でも、ローテーション研修はとても意味のあるものだと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

【最終学年】
■5〜7月
病院実習

■7〜9月
ゼミによる病院実習

■8〜12月
病院研究
説明会の参加

■10月
病院見学
採用面接

■12月
就職先内定

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

ローテーション研修で各病棟を回っていくなかで、さまざまな先輩方に指導していただく機会を得られました。考え方は本当にさまざまで、初めのうちは「これはこう考えるべきなんだ」と思っていたことも、病棟や先輩方が変われば「あれ?これはこう考えてもいいんだ」となっていき、次第には「この先輩はこういう考えだけど、僕はこういう考えの方がいいんじゃないかな?」と、先輩方の考えを聞くうちに自分の考えも持つことができました。正しいとか間違っているとかではなくて、教えられた考えのなかから「こういう考え方がいいんじゃないかな?」と考えて実践できるようになったことに対して、とても恵まれた環境のなかで成長できたんだなと思っています。

新人研修内容の特長

ローテーション研修で複数の病棟を経験できたことが一番大きいと思っています。各病棟の指導してくれる先輩方によって考え方や大事にしている看護観が違っていて、たくさんの考えを学ぶことができました。
これはきっと1ヶ所の病棟にとどまっていては得られない貴重な経験だと思いますし、またこの多くの考え方によって「あ、こういう考え方もあるんだ」「こう考えてもいいんだな」とたくさんの発見があり、初めはあいまいだった僕の目指す看護師像も、今では大分具体的になりました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆

■4〜6月
外科急性期病棟にて研修(シャドウイング)
1〜2人受け持ち、看護記録を学ぶ

■7〜9月
リハビリ病棟にて研修(シャドウイング)
1〜2人受け持ち
夜勤オリエンテーション(夜勤は月2回程)

■10〜11月
地域包括病棟にて研修
2〜3人受け持ち

■12〜1月
内科急性期病棟にて研修
1部屋受け持ち
患者さんからの採血の実施

■2〜3月
療養病棟にて研修
1部屋受け持ち
外来にて、2日間の研修(シャドウイング)
訪問看護ステーションにて、1週間の研修(シャドウイング)

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

学校法人大阪医科薬科大学 大阪医科大学三島南病院

〒569-0856 大阪府 高槻市玉川新町8-1

  • 病床数/214床
  • 診療科目/内科・脳神経内科・外科・整形外科・脳神経外科・皮膚科・泌尿器科・眼科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科
  • 看護方式/固定チームナーシング
  • 看護配置/一般病棟(2病棟)10対1
    回復期リハビリテーション病棟 15対1
    医療型療養病棟 20対1
    地域包括ケア病棟 13対1
    急性期看護補助加算 25対1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(567件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら