文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 東大和病院 > 佐藤佑亮

先輩ナース特集

Profile

氏名
佐藤佑亮(サトウユウスケ)
病院名
東大和病院
所属診療科目
4階病棟
役職・資格
看護師
先輩ナース特集

入職を決めた理由

病棟での新人マンツーマン指導であるプリセプター制度、またキャリアアップをサポートするため、看護実践能力を段階別に分け、臨床実践や能力開発のプログラムを用意されたクリニカルラダー制度など、スタッフの学習や教育の手厚いバックアップがあることに魅力を感じました。

病院選びで重視した点

病院の雰囲気やスタッフ同士のコミュニケーション、他職種(同期)との交流ができる研修があるか、また新人教育について具体的な流れなど、内容を把握、そして新人期間を終えてもキャリアアップできるようなサポートがあるかということを重視しました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■1年生の夏休み頃から、県内外の資料請求
 院内見学や学生向けの研修など積極的に参加

■奨学金制度を利用

■10月頃:就職先決定・内定

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

「今何をやるべきか」を理解し行動に移すために、まずは1日の看護業務を把握することがから始まります。時間でやるべきことはもちろん、正確に短時間で優先順位を考慮しながら業務をこなすのは最初苦労しました。ですが、先輩の動きを常に観察し「次は何をやるべきか」を理解し、正確に短時間で達成できたときは嬉しかったです。
また、業務をこなす中でも「患者様」「患者様優先」であることを忘れずにいたことで、自然と患者さんも受け入れてくれて、感謝されることも増えてきたことも良かったことだと思います。

新人研修内容の特長

定期的に他職種同期研修会が開催され、その中で密にコミュニケーションをとることができ、プライベートでも時間を作るようになったり、良質な人間関係が構築できました。
また、実際に病棟では新人看護師一人ひとりに、先輩看護師が現場での指導や相談役としてマンツーマンで対応してくれることで、知識・技術面だけでなく精神面でのサポートにもなりました。

1年間の新人研修スケジュール

■4〜5月
 ☆入職☆
 基礎看護技術の指導・展開

■6〜7月
 日勤帯での少数患者受け持ち開始
 看護過程の展開
 夜勤帯・休日勤務においての看護業務の指導・展開

■8〜10月
 夜勤帯での少数受け持ち開始
 日勤帯での受け持ち患者を増やし、優先順位を考える

■11〜12月
 夜勤帯でのチーム受け持ち患者を増やし、多重課題の対応、時間管理の把握

■1〜3月
 独り立ちを目指す
 基礎看護技術の繰り返し復習、実践を通して習得する

検索

病院所在地 卒業年    

社会医療法人財団 大和会 法人本部看護局

〒207-0014 東京都 東大和市南街2-2-1

  • 病床数/684床
  • 診療科目/病院ごとに異なります。
    詳細については各病院、施設、事業所の基本情報をご覧ください。
  • 看護方式/
  • 看護配置/

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(583件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら