文化放送ナースナビ看護学生 TOP > SmileBook > イムス横浜狩場脳神経外科病院

chapter2 第二章 このまなびでスマイルに。

    患者さんが前向きになるための お手伝いも看護のひとつ。

    • イムス横浜狩場脳神経外科病院 志保澤 沙絵

      IMS(イムス)グループ 医療法人社団明芳会
      イムス横浜狩場脳神経外科病院

      志保澤 沙絵 SCU病棟

      仕事の緊張が毎日続くと疲れてしまうので、休日はできるだけ身も心もリフレッシュするように心がけています。一番のリフレッシュは、部屋をキレイに片付けることです。看護師を目指す皆さん、患者さんのために一緒になってがんばれる日を楽しみにしています。

  • 左半身麻痺のために、一人で日常生活を送ることができない患者さんを担当したときのエピソードです。 その患者さんは、先の見えない不安のせいか夜も眠れず、リハビリにも集中できず、コロナ禍でご家族とも会えない日々が続いて、笑顔が消えていました。 私は心のケアが大切だと考えて、夜中に患者さんの話を聞いたり、不安がなくなるように励ましたりすることにしました。すると、患者さんの表情がやわらぎ、会話中にも笑顔が見られるようになりました。 とてもささやかな前進ですが、看護師は患者さんが前を向いてがんばる気力を引き出すことも大切な仕事だと思います。患者さんが生きるお手伝いをさせてもらっているという気持ちで、この仕事ができることに誇りとやりがいを感じています。

イムス横浜狩場脳神経外科病院

IMS(イムス)グループ 医療法人社団明芳会 イムス横浜狩場脳神経外科病院

  • 〒240-0025 神奈川県横浜市保土ヶ谷区狩場町218-9
  • 病床数

    147床

  • 診療科目

    脳神経外科、リハビリテーション科、神経内科

  • 職員数
    (看護職員数)

    350名
    (170名)

  • 看護配置

    SCU 3:1
    一般病棟 7:1
    回復期リハビリテーション病棟 13:1

  • 看護提供方式

    固定チームナーシング・機能別

  • 資料請求

文化放送ナースナビ 会員登録

    合説

    WEB説明会

    合説サポーター募集

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら