東邦大学医療センター佐倉病院の病院情報

東邦大学医療センター佐倉病院

ブックマーク

  • 東邦大学医療センター佐倉病院:看護師就職は文化放送ナースナビ

患者家族の最善をともに考え、その人らしく生きることを支えます

佐倉病院は地域の中核病院として高度で安全な医療を実践する使命があります。この使命を達成するために、佐倉病院で働く職員一人ひとりが「患者さん・ご家族にとっての最善を考える」というひとつの目的に向かって、自分の役割を果たしています。病院には多くの職種が働いています。お互いの仕事についてコミュニケーションを通して理解を深め、他の職種と協働しながら団結していくことで、より質の高い医療・看護の提供を目指しています。

参加予定 病院合同就職説明会

テーマ・特長

「看護が楽しくなる研修」

【教育・キャリアアップ】 「看護が楽しくなる研修」

当院の「キャリア開発プログラム」は組織の人材開発の目的と看護師個人の自己実現・キャリア開発の双方を目指しています。
1.現場の臨床実践能力を向上させ、質の高い看護の提供を第一目的としています。
2.東邦大学看護クリニカルラダーと院内研修を連動させ、個々の看護師が自分のペースでキャリア開発できるよう自ら計画を立案し主体的な参加としています。
3.日常にある設定でフィジカルアセスメントをはじめとする様々な研修を実施しています。このようなシミュレーション教育を多く取り入れることで、実践に即活用するのはもちろんのこと、日常の場面を想起し、自身のケアについて振り返る機会にもなっています。
その他、各分野の認定看護師による専門的かつ最新の知見が得られる研修や「看護倫理」「患者教育」「リーダー育成」など看護師として働く社会人に必要な能力を磨く研修も行っています。
「患者・家族の最善をともに考え、その人らしく生きることを支えます。」という当看護部の理念を実現するため、このような院内・院外の研修や学会等にも参加して、自己研鑽を積み、個々の患者にあった、質の高い看護を提供できる、自律した看護師の育成に力を注いでいます。

ページの先頭へ
グループ病院・関連病院
ページの先頭へ