新小山市民病院の病院情報

地方独立行政法人新小山市民病院

ブックマーク

  • 新小山市民病院:看護師就職は文化放送ナースナビ

  • 新小山市民病院:看護師就職は文化放送ナースナビ

    【PNS】パートナーシップナーシングシステム(PNS)は2人1組のペアで働き、看護師間、医師との間のコミュニケーションを密にして、情報を共有し、異常を早期発見し、早期対応する体制です。

  • 新小山市民病院:看護師就職は文化放送ナースナビ

    【救急外来】当院は、小山地区の救急医療において、二次救急医療機関として、地域医療機関から24時間の救急診療に取り組んでいます。年間、約4000台の救急車を受け入れており積極的に取り組んでいます。

  • 新小山市民病院:看護師就職は文化放送ナースナビ

    【リフレッシュ研修】同期に入職した仲間と宿泊・日帰りのコースを自分たちで考え、楽しいイベントを盛り込んでいます。同期の仲間と語りあうことで、心も体もリフレッシュして、「楽しかった〜」とみんな笑顔で帰っていきます。

ご応募お待ちしております

働き方改革とかWLBとか、医療職はそれだけ大変な精神労働であり、肉体労働でもあると思います。
 そこで、当院看護部では、2018年から13時間夜勤の導入と2019年からパートナーシップナーシングシステム(PNSと言います)を取り入れ、安全・安心な看護を提供できるよう働き方改革を実行しています。それでも急性期の在院日数が10日前後の病院ですから、忙しくないわけはありません。それでも、看護を業務にだけするのか、看護を実践するのかは、その人自身の問題だと思います。本当に看護をしたい人は、私達と一緒に看護の楽しさ、深さを探求してみませんか?
 医療は、日進月歩ですが、ナイチンゲールの時代から約200年、看護の真髄は今も、そしてこれからも不変だと思っています。
 当院のホームページにも掲載されていますが、直接院内見学で、先輩方がどのように看護しているのか、是非直接見学に来てください。お待ちしています。

参加予定 病院合同就職説明会

試験日程

現在、受付けておりません。

※このページから申し込んだ場合のキャンセルは直接病院に連絡してください。このページからキャンセルはできません。

ページの先頭へ