看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

疑問はこれで解消! 先輩たちの就活ホンネ座談会!!

内定先の病院に決めた一番の理由はなんですか

  • J・Sさん 組織が国家公務員共済組合連合会なので安定していることが魅力でした。インターンシップに参加し、働いているスタッフの様子がいきいきとしていたこと、先輩の対応も優しかったので、ここでなら働けると確信しました。
  • M・Nさん 職場の雰囲気を重視していたので、インターンシップに参加して働きやすさを感じたことがポイントでした。
  • H・Iさん 充実した研修体制があるので看護師として成長できると感じました。さらに現場では、先輩と一緒に患者さんを担当できるPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を導入しているため、安心して働けると思いました。
  • M・Hさん 内定した病院は、高度で最新の医療を学べる環境があること、心臓疾患の手術件数が多いので、さまざまな疾患を学べることが魅力でした。また看護理念が、自分の目指す看護であることも働く上で大事だと思います。
  • M・Mさん 国立病院を希望していましたが、最終的に人間関係の良さや福利厚生面の充実がポイントとなりました。看護部長の考え方や看護理念に共感できることが、私も重要だと感じました。
  • S・Rさん 一番の決め手となったのは、日本を代表するがんの専門病院であることでしたが、それだけでなく、働いている先輩たちの表情や病棟の雰囲気を重視しました。また、看護師だけでなく、医師や他職種との連携やコミュニケーションの取り方もポイントでした。

一番大変だった時期や悩んでいることを教えてください

  • M・Nさん 就活の流れをあまり把握していなかったため、すでに周りの友人はスタートしていて焦りました。例年よりインターンシップの開始も早かったようです。
  • H・Iさん 履歴書を書くときに、志望動機をどう書けばいいか迷い、就職課で添削してもらいました。面接対策では、過去の質問を調べたり、受け答えの練習をしましたが、実際の面接では、一つの答えに対してさらに突っ込んだ質問があったり、対応に悩みました。
  • M・Hさん 実習と並行して就職試験の勉強をすることや、試験日の日程調整で苦労しました。手術室や集中治療室を希望していましたが、面接で希望した理由や、常に勉強が必要な部署だが、勤務と両立することができるか聞かれたときは、返答に困りました。
  • M・Mさん 私も大学の授業と採用試験の予定を調整することに悩みました。病院に二次選考で人数制限があるかなどを、事前に確認して試験に臨みました。
  • S・Rさん 私は都内在住のため、東京での就職を希望していました。大学の理念として埼玉県の看護師を育成する方針があることが、私にとって壁となりました。信頼していた教授に相談した結果、東京の病院に就職先を決めました。
  • J・Sさん 実習と就活の時期が重なってしまったことが大変でした。希望していた病院のインターンシップの受付も早く終了していました。友人も同じくらいのスタートでしたが、どのインターンシップに行くか迷って、戸惑いました。

学校の授業や実習、国試の勉強との両立のコツを教えてください

  • H・Iさん 実習で見たこと、経験したことをきちんと理解して、授業や国試の問題に結びつけると頭に入りやすいと思います。まだ模擬試験で必修8割が安定して取れていないので、これから集中して勉強したいです。
  • M・Hさん 自分自身ではうまく両立できていると思えない状態でした。実習、就職活動と、それぞれ対応してきた状態です。内定が決まったので今後は、国試に向けての勉強に集中したいと思います。
  • M・Mさん 実習期間中は実習に集中し、すべてが終わってから国試に取り組む方が、中途半端にならず、集中して勉強できると思います。
  • J・Sさん 私は実習と就職活動が重なったため、なかなか対策が取れませんでした。初めにきちんと計画を立てて、早めにスタートすることをお勧めします。

最後に後輩へメッセージをお願いします

  • M・Hさん 希望する病院の資料請求は、必ず行ったほうがいいと思います。働きたい病院をピックアップしたら、自分の中でランク付けをした上で、試験日程の優先順位を考えておくと、その後の活動もスムーズです。
  • M・Mさん 資料請求は早めに行い、病院を選択して空いた時間に見学会やインターンシップに参加する機会を設けることが大切です。職場環境も重要ですが、福利厚生面も事前に比較しておくことをお勧めします。
  • S・Rさん 第一志望だけでなく万が一落ちたことも考え、いくつか候補を挙げておくことが必要です。「看護師だから、落ちない」ということはありません。
  • J・Sさん 病院選びは合同説明会だけでなく、インターンシップの参加が不可欠です。実際に病院に足を運んで、自分の目で確認しておけば、入職後のギャップも少ないと思います。
  • M・Nさん 事前準備をしっかり行ってください。実習病院でも、日程が合えば見学会やインターンシップに参加することが必要だと実感しました。実習で見えなかった部分も理解できると思います。
  • H・Iさん 実習や授業のとき、自分がどんな看護を行いたいか、どんな看護師になりたいかと、日頃から考えておくことが大事です。自分自身の看護観を持っていれば、面接でも緊張せずに答えられると同時に、目指す病院も絞りやすいと思います。病院選びは、将来を左右するため慎重に行うことが大切です。

座談会挿絵

  • インターンシップ
・病院説明会・見
			学会に参加する
  • 先輩たちの就活ホンネ座談会
  • キャリアプランを考えよう
  • 病院情報を知る
  • 気になるキーワードを病院探しの手が
かりに
  • バーチャル就職マナー講座
  • いざ試験!!面接対策
  • いざ試験!!筆記試験対策
  • 履歴書の書き方・送り方
  • 好感度を上げる就活マナー
  • 就職先を決める
  • ナースのお給料事情