文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 小豆沢病院 下赤塚診療所 > S・C

先輩ナース特集

Profile

氏名
S・C
病院名
小豆沢病院 下赤塚診療所
所属診療科目
内科、訪問診療
役職・資格
看護師
卒業学校
人間総合科学大学
卒業年
2019年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

私が高校3年生の時、両親共に入院している時期がありました。母と同じ病室の患者さんが、ナースコールを何回も押しても要件を聞かずに、後回しされ続けている状況がありました。日々忙しい病棟では仕方ないのかなとその時は思いました。しかし、小豆沢病院の看護体験に参加して、看護師は患者の声に耳を傾け、ナースコールにすぐに対応できない時でも患者の要件は必ず聞いてました。たとえ忙しくても、患者の気持ちに寄り添い、患者と家族に信頼されるような看護師になりたいと思いました。そして、民医連が目指す「無差別・平等の看護」に私も携わりたいと思い、大学1年生で奨学生になることを決めました。

病院選びで重視した点

病院説明会に参加することも大事ですが、インターンシップに参加して職場の雰囲気や人間関係を知ることが大事だと思います。実習とは違った目線で「この病院で働く自分」を想い描きながら、看護師の姿を観察するとどんな病院が自分に合うのかが見えてくると思います。給料面を考慮して選ぶことも大事ですが、自分がなりたい看護師像と病院理念がどれだけ合っているかをよく考えて選んでいただきたいと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■7月
 インターンシップ(外来)

【最終学年】
■4月
 採用試験

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

私は診療所に勤務してます。診療所では病棟ではあまり経験出来ない看護技術を経験できます。患者さんに注射時に「全然痛くなかったわ」と有難いお言葉を頂けるようになりました。また、患者さんが私の名前を覚えていて下さるのが何よりも嬉しいです。苦労した点では、大学の友人は皆病棟勤務で、病棟で働くことへの羨ましい気持ちもあり、診療所で抱える悩みを共感してもらえない孤独感を感じることです。しかし、診療所勤務の同期や同僚に悩みなどを相談できるような関係になれたことで孤独感は軽減しました。

新人研修内容の特長

東京民医連の研修で“患者さんへのインタビュー”を実施し、グループメンバーとインタビュー内容を共有しました。患者さんの生活史に触れ、治療のことだけなく、これまでどのような生活を送ってこられ、それが今の疾病や症状にどう影響しているかが結びつけて考えられるようになりました。また、他の病院の研修生と交流できたことで仕事で心がけていることや患者さんへの関わり方など参考になった点が多くありました。また法人の研修では戦争などの日本の歴史にも触れ、資料館等の見学にも行きました。医療に限らず社会の現状を知る研修もあり、患者さんの医療内容や実生活に直結することとして看護ケアに繋げられるよう学ぶことも特徴です。

■4月
 ☆入職☆
 看護部オリエンテーション
 医療安全研修 看護技術研修(2日間)

■5月
 メンタルサポート研修@
 北中ブロック合同研修(福島原発と住民の現状-福島視察1日)

■7月
 3ヶ月まとめ(緩和ケア研修)
 労働組合研修
 メンタルサポート研修A

■8月
 さつき苑(老人保健施設)研修

■9月
 メンタルサポート研修B
 6ヶ月研修(東京大空襲戦災資料館等の見学)

■10月
 東京民医連合同新人研修

■11月
 メンタルサポート研修C
 ケースレポートの取り組み方

■12月
 訪問看護研修(1週間)
 ヘルパー研修(2日間)

■1月
 病院研修(4日間)
 ケースレポート提出締切

■2月
 メンタルサポート研修D

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

医療法人財団健康文化会 小豆沢病院

〒174-8502 東京都 板橋区小豆沢1-6-8

  • 病床数/134床
  • 診療科目/内科 小児科 外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 神経内科 眼科
  • 看護方式/チームナーシング(一部プライマリーナーシング導入)
  • 看護配置/一般病棟10対1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(712件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

    看護師、有資格者の方 登録はこちら