文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 小豆沢病院 > B・Y

先輩ナース特集

Profile

氏名
B・Y
病院名
小豆沢病院
所属診療科目
一般病棟
役職・資格
看護師
卒業学校
東京都立板橋看護専門学校
卒業年
2019年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

高校生の時に、1日看護体験を当院の病棟で行いました。その際に、とても雰囲気が良く、優しい看護師の対応に憧れを抱きました。その後看護学生となり、在宅看護論実習を当院の訪問看護ステーションで行い、病院の特性や理念が自分に合っていると感じ、入職を決意しました。また奨学金制度もあり、国家試験合格にむけての学習とバイトの両立も困難であったため、それも1つの理由になりました。

病院選びで重視した点

自分自身が目指す看護や医療が提供できる病院であること。病院によって機能や規模はさまざまであり、自分に合った病院を選ぶことが重要だと思います。そのため、自分自身がどのような気持ち、思いで看護を提供するのかを考え、病院の体制や機能、持っている役割を調べた上で選んでいくことが必要だと思います。当然のことではありますが、仕事として長く続けていくためにも、その点で自分に合ってないと、どこかで仕事を続けていくのが難しくなるのではないかと考えます。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

[最終学年の前年]
■4月
 病院合同説明会参加
 インターンシップ予約

■8月
 インターンシップ参加

■2月
 学内病院説明会参加

■3月
 インターンシップ参加


[最終学年]
■4月
 採用試験(小論文・面接)

■5月~
 奨学生となり、患者さんの困難事例や看護観について毎月学習会に参加。

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

私は、1年目に診療所配属となりました。まず新しいこと(看護技術や業務の流れ、カルテ処理作業など)を沢山覚えていかなければいけないため苦労しました。また他職種との連携や連絡方法等でも苦労しました。
当診療所では、外来診療だけでなく、訪問診療も行っているため、患者さんたちは、在宅や地域でどのように過ごしているのかを知り、それぞれの方の生活を支えていくことの大変さややりがいを、身をもって知ることができました。
特に、訪問診療では在宅で過ごされている患者さんの様子を直接みることができるため、病院とは違ういきいきとした表情や雰囲気を実際に感じました、在宅で過ごすことは、その人らしく生活出来る為、QOLを向上させるために重要なことだと学ぶことができて良かったです。

新人研修内容の特長

新人研修の中で、特に印象に残っているのは、訪問看護や訪問介護の研修です。当院は診療所配属もあり1年目に訪問看護や訪問介護事業所の研修ができました。研修で伺った利用者さんは、当診療所のかかりつけの方が多く、研修を通して在宅生活をどのようにして送られているのか、また生活を支える上でどのような看護が提供されてるのかを知ることができました。さらに、他のサービスをどのように利用し、連携はどのような工夫をしているのかを知ることができました。
この研修での学びは、現在病棟で働く上で、患者さんの在宅生活をイメージしやすく、退院調整など関わる中でとても活かせていると思います。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 医療安全@研修
 看護技術研修

■5月
 メンタルサポート研修@

■6月
 医療安全A研修

■7月
 3ヶ月のまとめ
 緩和ケア研修
 メンタルサポート研修A

■8月
 介護老人保健施設研修

■9月
 メンタルサポート研修B

■11月
 中間のまとめ
 ケースレポート研修
 エンゼルケア研修
 メンタルサポート研修C

■12月
 訪問看護研修
 ヘルパー研修

■2月
 医療安全B研修
 メンタルサポート研修D

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

医療法人財団健康文化会 小豆沢病院

〒174-8502 東京都 板橋区小豆沢1-6-8

  • 病床数/134床
  • 診療科目/内科 小児科 外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 神経内科 眼科
  • 看護方式/チームナーシング(一部プライマリーナーシング導入)
  • 看護配置/一般病棟10対1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(361件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

    看護師、有資格者の方 登録はこちら