文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター > A

先輩ナース特集

Profile

氏名
病院名
横浜市立脳卒中・神経脊椎センター
所属診療科目
地域包括ケア病棟
役職・資格
看護師
卒業学校
神奈川県立衛生看護専門学校
卒業年
2017年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

当院で実習を2回行ったのですが、病棟の雰囲気が良く、充実した実習を行うことができました。また、自宅で脳卒中を患った祖母を介護しており、在宅医療や退院支援に興味がありました。当院に地域包括ケア病棟があることを知り、自分の興味がある分野を学ぶことができると思い、就職を決めました。
さらに当院は、急性期から回復期まで、病態の一連の流れを学ぶことができるため、部署連携や患者様の経過をつなげて学べることができるのが当院の強みであり、学びやすい環境であると感じたことも理由の一つです。

病院選びで重視した点

病院の雰囲気や教育体制・福利厚生等も大事ですが、自分の興味がある分野を学べる環境や、この病院でなら頑張れそうと思える直感を大事にしました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■8月
 インターンシップ(他院を2か所)

■3月
 当院の病院説明会

【最終学年】
■6月
 採用試験
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

学生の時には体験できなかった看護技術を習得し、徐々に自分のできる事が増えていくことが嬉しかったです。病棟内でも未経験の技術は1年目が積極的に経験できるように機会を作っていただき、不安のある技術では先輩方が付き添って教えてくれて、安心して看護技術を習得することができました。また、病院の特色上認知症のある患者さまが多く、最初は対応に戸惑いがありましたが、病棟内で認知症患者様のかかわり方等の勉強会もあり、徐々に患者様とも楽しくコミュニケーションをとっていくことができました。1年目は緊張の日々で不安も沢山ありましたが、病棟の雰囲気がとても明るく、相談しやすい環境だったので、自分自身も明るく1年目を過ごすことができました。

新人研修内容の特長

技術研修は、普段自分が行っているケアの振り返りになりました。また、1年目の看護師2人に対し、先輩が1人ついて下さるため、質問もしやすく丁寧な指導を受けられました。さらに集合研修では普段なかなか会う機会のない他病棟の同期とも話すことができ、気分転換にもなり、さらに自部署との違いも知ることができました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 新人オリ・研修 4日間

■5月
 院内研修:BLS研修、技術演習(食事介助)
 部署内研修:認知症についての勉強会、脊椎疾患についての勉強会

■6月
 院内:看護記録の書き方、技術演習(移乗・移動)

■9月
 院内:メンバーシップ研修、技術演習(標準予防策)

■11月
 院内:医療安全研修、技術演習(尿留置カテーテル)

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター

〒235-0012 神奈川県 横浜市磯子区滝頭1−2−1

  • 病床数/300床
  • 診療科目/神経内科、脳神経外科、脊椎脊髄外科、脳神経血管内治療科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、循環器内科
  • 看護方式/固定チームナーシング継続受け持ち方式
  • 看護配置/・一般病棟:7対1
    ・HCU:4対1
    ・SCU:3対1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(571件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら