文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター > B

先輩ナース特集

Profile

氏名
病院名
横浜市立脳卒中・神経脊椎センター
所属診療科目
SCU(脳卒中ケアユニット)
役職・資格
看護師
卒業学校
関東学院大学
卒業年
2017年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

どこの病院に就職するか悩んでいた時、友人に病院の合同就職説明会に誘われました。さまざまな病院の説明を受けましたがなかなか決まらず、一緒に参加した友人に「リハビリも回復期も充実しているよ」と勧めてもらい、説明を受けた事がきっかけです。パンフレットを読むと、急性期から回復期まで一貫した関わりを行うことができ、退院支援も積極的に取り組んでいるというところに惹かれました。その後病院見学に参加し、脳神経の疾患を専門とした症例や急性期から回復期までの看護展開に興味を持ち、入職してみたいと思いました。

病院選びで重視した点

何より自分が大事に思ったことは「やりがいを感じるか」という事です。私はなるべく同じ職場に長く勤務したいと考えています。興味がある科でもやりがいを感じられなければ、これから先仕事を続けていくことはできないと考えています。また自分の場合、きっかけをくれたのは友達ですが、その後の病院見学で病院の雰囲気を直接感じたり、先輩看護師の働く姿を見る事が病院を選ぶ要因になりました。そのため、説明会だけでなく実際に病院を訪れ、院内の様子を感じる事も大切だと思います。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■10月
 合同説明会への参加

■11月
 病院見学

【最終学年】
■6月
 採用試験

■7月
 内定

■2月
 国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

入職したての時はとにかく一日の業務内容を覚えることが大変でした。しばらくして、すぐに病態の理解や患者の状態からアセスメント・評価をしていったのですが、見落としや理解不足があり、先輩看護師から指摘を沢山受けました。泣きそうな時や落ち込んだ時がありましたが、先輩看護師からは指摘だけでなく助言・アドバイスもいただき、疾患ごとに注意して観察しなければいけない事・患者とのかかわり方等、沢山の事を学んでいきました。そして8月〜9月になり、業務内容を覚え、入院担当や重症度の高い患者を受け持つなど、自分でできる場面が増えていった事がとてもうれしかったです。

新人研修内容の特長

それぞれの科の先輩看護師が一緒に参加し、アドバイスを受けながら研修を行って行きました。特に採血の技術演習では初めてだったので、不安や緊張も感じていましたが、先輩看護師に手技を細かく確認してもらい、コツやポイントの指導を受け採血ができるようになるまで根気よく関わってくれました。そのため、実際に病棟で実施した際に不安も少なく挑むことができました。また、病棟では疾患や治療などの勉強会も開催し、症状や治療、観察項目などを学ぶことができ、初めて受け持ったときでも慌てずに対応することができました。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
 ☆入職☆
 新採用職員研修オリエンテーション

■5月
 採血研修
 BLS研修
 疾患勉強会
 看護過程の展開(ペーパーペイシェント)

■7月
 新採用者フォローアップ研修
 夜勤オリエンテーション

■9月
 メンバーシップ研修

■10月
 人工呼吸器研修

■11月
 医療安全研修
 疾患勉強会(t-PA、脳室ドレーン)

■3月
 リフレッシュ研修

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター

〒235-0012 神奈川県 横浜市磯子区滝頭1−2−1

  • 病床数/300床
  • 診療科目/神経内科、脳神経外科、脊椎脊髄外科、脳神経血管内治療科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、循環器内科
  • 看護方式/固定チームナーシング継続受け持ち方式
  • 看護配置/・一般病棟:7対1
    ・HCU:4対1
    ・SCU:3対1

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(569件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら