文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 先輩ナース特集 > 兵庫県立リハビリテーション中央病院 > 荒木廉旺

先輩ナース特集

Profile

氏名
荒木廉旺(アラキレオ)
病院名
兵庫県立リハビリテーション中央病院
所属診療科目
脳神経内科・障害者病棟
役職・資格
看護師
卒業学校
神戸常盤大学
卒業年
2019年卒業 
先輩ナース特集

入職を決めた理由

大学に在学中、難病について学んだ際に、その患者さんに対してどのような支援ができるのか、関心がわいてきました。
さらに、老年看護や訪問看護の実習で、患者さんが入院期間を終え退院した後に、在宅に戻るほかに施設に入るなど、その家庭環境によってさまざまであることを実感しました。
その時に、看護師にはこのような退院後の生活に向けた支援もあり、その一つひとつの家庭の状況に応じた支援が重要とも感じ、自分も携わり支援できればと感じたため、当院に入職を希望しました。

病院選びで重視した点

看護師として働く際に、自分が患者さんにどのような看護をしたいのか、その目指す看護がどの病院でできるかを検討して病院を選ぶことが大事だと思います。
そのほかには、1年目の病院で継続して働きたい思いがあったため、病院の場所や周辺の環境も自分のなかでは重要視しました。

就職活動スケジュール(いつどんな活動をしたのか)

■3月
就職サイト主催の病院説明会に参加

【最終学年】
■6月
採用試験
就職先内定

■2月
国家試験

1年目に苦労したこと、嬉しかったこと、よかったこと

苦労したのは、明らかな知識不足を実感したことです。国家試験があったため勉強してきたつもりでしたが、それは現場で活用できるほど理解していたとは言えず、試験のためだけの勉強になっていたため、入職後に必要に応じて予習・復習をしました。
うれしかったことは、患者さんから「一番やさしいです」や「一番話しやすいです」などの言葉をかけてもらったときに、疲れも飛んで、これからも頑張ろうというモチベーションのアップにつながりました。

新人研修内容の特長

入職してから3ヶ月ほどは週に1回くらいのペースで新人研修があり、仕事場で必要度や重要度の高い看護技術や知識を教わったことで、研修から期間が空くことなく現場で活用することができ、正確かつスムーズに看護につなげることができる環境だったと思います。

1年間の新人研修スケジュール

■4月
☆入職☆
新人職員オリエンテーション
看護職員として必要な基本姿勢と態度
管理的側面
リハ看護の専門性・ICFの考え方
他職種概要説明
看護技術(移乗・移動・体位変換・更衣・口腔ケア・酸素療法・吸引・血糖測定・尿器/便器のあて方・浣腸・感染防御)

■5月
看護技術(採血)
薬の見方
記録・電子カルテについて
夜勤に向けての説明

■6月
医療機器の取り扱い(輸液ポンプ・シリンジポンプ)

■7月
医療機器の取り扱い(モニター)
3ヶ月の振り返り

■8月
薬剤について(薬剤部)

■9月
移乗・移動介助技術(理学療法士)
看護倫理

■10月
退院調整・支援(退院調整看護師)
摂食・嚥下障害看護

■11月
フットケア
症状・生体機能管理技術(シミュレーション研修)
KYT(危険予知トレーニング)研修
AED研修

■12月
看護技術(静脈留置針)

■1月
1年の振り返り

検索

病院所在地 卒業年    

:看護師就職はブンナビ看護

社会福祉法人兵庫県社会福祉事業団 兵庫県立リハビリテーション中央病院

〒651-2181 兵庫県 神戸市西区曙町1070

  • 病床数/330床
  • 診療科目/内科、循環器内科、神経内科、整形外科、リウマチ科、小児科、神経小児科、泌尿器科、眼科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科
  • 看護方式/チームナーシング
  • 看護配置/15:1(一般病棟)
    13:1(回復期リハ病棟)
    10:1(障害者病棟)

資料請求

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(470件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

    看護師、有資格者の方 登録はこちら