神戸および近隣病院特集

医療法人沖縄徳洲会 神戸徳洲会病院

様々な経験が“いまの自分”、
そして“未来の自分”につながっている
辻本 明日香
4F病棟 2013年 入職
金沢医療技術専門学校 卒業

神戸徳洲会病院 辻本 明日香

  • 看護師だった母の働く姿を見て同じ道を志す

    両親が看護師をしていたため、小さい頃から看護師という職業は身近な存在でした。幼稚園に通っていた時ケガをして病院につれていってもらったところ、偶然母に対応してもらい、母が働く姿を見て「カッコイイ!」と感じたことが、看護師を目指すきっかけに。その想いはその後も揺らぐことはなく、高校の専攻科目で医療に関する勉強をして、さらに強い関心をもつようになりました。そして進路について両親に相談したところ、長く活躍できる看護師になることを勧められ決意を固めました。
    就職活動は、実家がある大阪に近いことと、救急病院であることをキーワードにしてピックアップ。徳洲会病院は大きなグループなので安心感があり、人材育成もしっかりしているだろうと思い、就職を希望しました。実は、見学会に参加せずに決めたんです。私の場合は自分がイメージした通りの職場だったので良かったのですが、これから就職活動をする人は、説明会や見学会に参加して、病院の雰囲気や働き方などを自分の目で確かめることをお勧めします(笑)。

  • 着実にスキルアップし、新しいことにチャレンジできる環境

    入職して1年間、希望していた救急病棟に所属。入職してしばらくは右も左も分からない状態で、「この先ちゃんとやっていけるだろうか」と不安になることもありましたが、プリセプターさんをはじめとする先輩方がサポートしてくださり、少しずつできることが増えていきました。新人研修は、現場で必要な知識・技術を習得できる内容になっています。特に採血は事前に先輩がそばについて指導してくださったので、実践する時は落ち着いてできました。救急病棟では診療科に関わらず様々な患者さんの対応をする必要があり、幅広い知識や技術を学べたことが、その後のキャリアに役立っています。
    2年目からは呼吸器・循環器の病棟で働いています。ここでは精密な医療機器を使うことが多く、新たな知識を身につける必要がありました。また、心臓の状態を確認するためにモニタの波形を読み取る力も求められます。最初は大変でしたが、新しいチャレンジはすごくやりがいがありました。
    今年からプリセプターとチームリーダーを担当させていただいています。このようにキャリアに沿って様々な役割を任せていただけることがモチベーションにつながっています。また、スキルアップするための勉強会が頻繁に開かれるので、積極的に参加しています。院外研修も参加費を支援していただけるのでうれしいです。

  • ショッピングの後にイタリアンを堪能、
    垂水での一人暮らしをエンジョイ

    神戸は憧れのまちで、ずっと暮らしたいと思っていました。当院がある垂水は海が近くて、とても住みやすいところです。食べ物がおいしく、大好きなイタリアンのお店が多いことも魅力。お休みの日は、近くのアウトレットモールでショッピングをした後、お気に入りのお店のお料理をいただくことが楽しみになっています。
    当院にはきれいな看護師寮があるので、一人暮らしを考えている人も安心です。職場の雰囲気は明るく、笑顔で働ける環境ですので、私たちと一緒により良い看護を提供できるようがんばりましょう。

神戸徳洲会病院

住所
〒655-0017
兵庫県神戸市垂水区上高丸1-3-10
病床数
309床(一般病床230床・療養病床79床)
診療科目
内科、外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、消化器科、循環器科、呼吸器科、小児科、婦人科、泌尿器科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科
看護方式
チームナーシング
看護配置
一般病棟 10:1

神戸徳洲会病院

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら
  • LINEスタンプ販売中!!
  • 文化放送レジデントレビュー
  • 文化放送ナースナビ公式Facebook