神戸および近隣病院特集

北播磨総合医療センター

患者さんの思いを直接聴き
寄り添える看護を目指して
三原 幸花
外科、消化器内科病棟 2014年 入職
神戸常盤大学 卒業

北播磨総合医療センター 三原 幸花

  • 勤める環境によって様々な得られる経験がある

    私は、外科・消化器内科病棟に勤務しています。外科では食道から大腸まで様々な手術が、消化器内科では胃カメラや大腸カメラなどを使った検査・治療が行われるため、幅広い経験を積めることが特色です。このように様々な領域の看護に携われることは、大規模な病院に勤めるメリットのひとつだと思います。
    私は学生時代の時から働きたかった病院のビジョンがあったので、就職活動は病院のパンフレットや募集要項を見て、候補を絞ることからはじめました。その後、たくさんの病院が集まる合同説明会に足を運び、あらかじめ気になっていた病院の説明を聞きました。年齢が近い先輩もいらっしゃって質問しやすい環境だったので、業務のことだけではなく休みのことや人間関係など、本当に聞きたいことを聞くことができました。実際に就職した時のイメージが湧いたので、とても有意義だったと思います。

  • 「できたことノート」をつけて毎日一歩ずつ前進

    1年目は、プリセプターの先輩と共に業務につきます。分からないことや初めて行う業務などは丁寧に指導してくださるので、疑問に思ったことはどんどん質問しました。また、新人研修の中には技術や知識だけではなく、メンタルヘルスについての研修があります。やはり働きだして間もない頃は分からないことや不安に思うことが多いですし、自分のできなさに落ち込んだりすることもあります。逆に、できることが増えてきて仕事が楽しいと思える時期もあります。そうした中で、同期と情報交換が出来るメンタルヘルスの研修は、とても貴重な時間でした。自分だけでなく、皆も同じ気持ちでがんばってるんだと思えることで、自分もがんばろうという意欲が湧いてきました。
    1年目の私個人の工夫としては、日々新たにできるようになったことを書いていく「できたことノート」をつけていました。新人でもできることが一つずつ増えているんだなと、自信につながりました。そして、先輩にコメントやアドバイスをもらったことが、成長につながったと思います。

  • 後輩や患者さんにもっと目を配れるように

    来年度で4年目になりますが、先輩達に頼ってばかりの新人の頃と比べると、後輩も増えて頼られることも多くなってきました。患者さんとの関わり方や看護技術などを改めて見直し、後輩にもきちんと教えてあげられるようになろうと思います。
    また、新人の頃に比べると少し余裕が出てきて、患者さんと会話する時間をもてるようになってきています。病棟目標でもある「患者さんの思いを直接聴き、寄り添える看護」を提供できるように、これからもがんばります。

北播磨総合医療センター

住所
〒675-1392
兵庫県小野市市場町926-250
病床数
450床
診療科目
総合内科、老年内科、糖尿病・内分泌内科、循環器内科、 呼吸器内科、消化器内科、血液・腫瘍内科、腎臓内科、神経内科、 リウマチ・膠原病内科、ペインクリニック内科、緩和ケア内科、 リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、小児科、 皮膚科、精神科、外科、消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科、 整形外科、脳神経外科、眼科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、 泌尿器科、産婦人科、形成外科、麻酔科、病理診断科、救急科、 歯科口腔外科
看護方式
チームナーシング
看護配置
一般病棟 7:1、 ICU 2:1、 HCU 4:1、 SCU 3:1

北播磨総合医療センター

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

文化放送ナースナビの
スマホサイト

文化放送ナースナビモバイル QRコード
PCと同じID・PWで資料請求やセミナー申込ができます。スマホにURLを送る
  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら