文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 病院情報 > 国際親善総合病院

社会福祉法人親善福祉協会
国際親善総合病院

当院は、1863年THE YOKOHAMA PUBLIC HOSPITALとして横浜市中区に誕生し、1967年に国際親善総合病院に名称変更、1990年に現在の泉区に移転しました。
横浜市西部地区の救急医療と泉区で唯一の急性期総合病院として役割を担い、「良質な医療の実施・親切な医療の実施・信頼される医療の実施」を理念とし、地域社会から信頼され、質の高い医療を提供しています。
また、2014年から再整備を進めており、2015年9月より緩和ケア病棟の新設、2018年8月には療養環境のリニューアル(4床室、個室整備)が終了しました。
法人内には特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、訪問看護・介護ステーションを併設し、地域に深く密着した機能も持ち合わせています。

※詳細は病院ホームページ『看護部』をご覧ください。

  • 先輩ナース特集を見る
  • プレエントリー特集1

資料請求 ブックマーク

  • 病院情報
  • 募集情報
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 先輩ナース特集

病院概要

郵便番号 〒245-0006
住所 神奈川県 横浜市泉区西が岡1-28-1 地図
電話番号 045-813-0221
開設年月日 1863年 4月 1日
病院長 安藤 暢敏
看護部長 楠田 清美
病床数 287床
職員数(看護職員数) 735名 (348名)
平均年齢(看護職員) 34歳
看護方式 チームナーシング
パートナーシップ・ナーシング・システム
診療科目 総合内科、消化器内科、循環器内科、腎臓・高血圧内科、脳神経内科、糖尿病・内分泌内科、呼吸器内科、小児科、外科、呼吸器外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、緩和ケア内科、救急科、形成外科、画像診断・IVR科、麻酔科、精神科
外来人数 655名/日平均
入院人数 227名/日平均
看護配置 急性期一般入院料1(7対1) 
看護職員夜間体制加算(12対1)
急性期看護補助者体制加算(25対1)  
夜間急性期看護補助体制加算(100対1)
理念・方針 -病院理念-
国際親善総合病院は地域住民のための急性期中核病院として、患者に対してより良き医療を提供することを第一義と考え「理念」を掲げています。
・良質な医療の実施
・親切な医療の実施
・信頼される医療の実施

-看護部理念-
急性期病院の看護部として、地域住民の健康維持と増進のための安全で質の高い看護を提供する
・心のこもったあたたかい看護
・個人を尊重した看護
・責任のある看護
病院HP http://shinzen.jp/
ページの先頭へ
  • 国際親善総合病院:看護師就職は文化放送ナースナビ
    外来フロアー
  • 国際親善総合病院:看護師就職は文化放送ナースナビ
    新人ステップアップ研修(卒後研修)
    「採血演習」
  • 国際親善総合病院:看護師就職は文化放送ナースナビ
    新人ステップアップ研修(卒後研修)
    「急変時の対応」

資料請求 ブックマーク

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(521件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら