文化放送ナースナビ看護学生 TOP > ナーストーク

意識がなくても…

ちぃぽぽ

高齢の難病の患者さんを受け持ちました。
昏睡状態で鎮痛薬、鎮静薬を投与している
危険な状況でした。「意識がない患者さんに何ができるだろう?」と看護ケアについて悩んでいましたが、指導ナースのアドバイスでケアのときに声かけをしたり、空いた時間に手を握ったりしていました。無事に意識レベルが上がって話ができるようになったとき、患者さんは私を見るなり「あつも声をかけてくれて、手を握ってくれて、ありがとうね」と話してくれました。一見、意識がなさそうでも、患者さんがきちんと認識していることがわかり、感動しました。

同じカテゴリの投稿

文化放送ナースナビ 会員登録

  • この春ご卒業の2020年卒で未内定で看護師資格取得された方対象の「個別就職相談会」
    • LINEスタンプ販売中!!
    • 看護師、有資格者の方 登録はこちら