東京医療生活協同組合
新渡戸記念中野総合病院

新渡戸記念中野総合病院:看護師就職は文化放送ナースナビ

新渡戸記念中野総合病院は、昭和7年5月27日、故新渡戸稲造博士(旧5千円紙幣の肖像)・故賀川豊彦氏等の主唱によって創立された、日本で最初の医療利用組合の病院です。
 地域医療の中枢病院として、“誠実”を理念とし、患者サービス・医療技術の向上に努める、80年以上の歴史をもつ総合病院です。

お知らせ

入職前の臨床体験をしたい方もご相談ください。

ページの先頭へ

資料請求 ブックマーク

  • 病院情報
  • 募集情報
  • インターンシップ
  • 見学会

病院概要

郵便番号 〒164-8607
住所 東京都 中野区中央4-59-16 地図
電話番号 03-3382-1231
施設認定・第三者認定

災害拠点病院、臨床研修病院、第2次指定救急告示病院、東京都脳卒中急性期医療機関

開設年月日 1932年 5月 27日
病院長名 入江 徹也
看護部長名 大峰 眞由美
病床数 283床
職員数(看護職員数) 450名 (170名)
平均年齢(看護職員) 37歳
看護方式 チームナーシング
診療科目 内科・精神神経科(精神科)・神経内科・小児科・外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・皮膚科・泌尿器科・婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・放射線科・麻酔科
付属施設 人工透析施設:「中野クリニック」
訪問看護ステーション:「新渡戸記念 訪問看護ステーション」、居宅介護支援事業所
外来人数 690名/日平均
入院人数 206名/日平均
看護配置 一般病棟 10:1
理念・方針 新渡戸記念中野総合病院は、今や地域の大衆病院として高度な医療水準を保ちながら、 また、災害時後方医療施設・臨床研修病院・第2次指定救急告示病院として、着々と充実し、 拡大し、発展しつつあります。
  その、新渡戸記念中野総合病院の診療部門・看護部門・診療技術部門・事務部門の全体に共通し、 各人が共有すべき基本的な理念は “誠実” ということだと考えます。 患者さんに対しても、自分に対しても、同僚や上司・部下に対しても、他の部門の人々に対しても 誠実 であること、 業務を 誠実 に履行すること、それが私たちの行動の根本的な基準であります。
病院HP http://www.nakanosogo.or.jp/
ページの先頭へ
  • 新渡戸記念中野総合病院:看護師就職は文化放送ナースナビ
    新宿にも快速で一駅。通勤も便利です。
  • 新渡戸記念中野総合病院:看護師就職は文化放送ナースナビ
    新人看護師はみんな元気いっぱいです。
  • 新渡戸記念中野総合病院:看護師就職は文化放送ナースナビ
    中野クリニックは透析ベッド45床があり、午前・午後・夜間と3クールで患者さんを受け入れています。透析について専門分野として必要な学習会を開催し、積極的に参加しています。

資料請求 ブックマーク

病院検索

(673件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・
試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

テーマ・特長

文化放送ナースナビの
スマホサイト

文化放送ナースナビモバイル QRコード
PCと同じID・PWで資料請求やセミナー申込ができます。スマホにURLを送る
  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら