文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 看護部長に聞く! > 川崎市立 井田病院

看護部長に聞く! 看護師を採用するにあたって、病院はどのような人材を求めているのでしょうか?また、入職してからの教育制度はどのような考えのもとに行われているのでしょうか?実際に採用に関わっている看護部長にお話を伺いました。

入院から在宅までの切れ目のない医療を提供しています。

川崎市立 井田病院 副院長兼看護部長 和田 みゆき

川崎市立 井田病院 副院長兼看護部長 和田 みゆき

病院の特徴・雰囲気について

川崎市立 井田病院:文化放送ナースナビ

当院はがん診療連携拠点病院、2次救急医療、結核病棟、成人疾患医療、地域医療を柱とすると共に、かわさき総合ケアセンターと連携を図るなど、入院から在宅までの切れ目のない医療を提供しています。こうした継続した看護を実践できることが、井田病院で働く看護部の強みです。2014年からは「院内在宅部門における看護師の同行」を開始しました。病棟看護師が在宅まで関われるシステムです。在宅ケアの視点を現場の実践から学び、入院から退院後まで患者の思いに沿ったケアを提供できる職場環境があります。

教育について

川崎市立 井田病院:文化放送ナースナビ

院内外で一人の患者に、それぞれの専門職が関わる「チーム医療」をマネジメントできるのは看護職しかいないと私は考えています。それには、看護職の一人ひとりが医師や他職種と対等に意見を交わせるための確かな知識と技術を身につけ、倫理的な判断力やリーダーシップなど様々な能力を持ち合わせ、専門職として自律していなければなりません。
このような看護師を育成するために、「思考=行動=看護の見える化(書く・語る)」ができ、さらに、「概念化できる」看護師であることをOJTの基礎としています。また、OFF-JTでは、3D研修(Drill→Do→Debriefing)や未体験ツアー(院内留学)、認識論を取り入れたリーダー研修、看護を語る会など様々な研修を実施し、人材育成に力を入れています。

看護に対する想いについて

川崎市立 井田病院:文化放送ナースナビ

ある新聞雑誌の座談会で「人生の価値を問う行為を日常的に行う」のが看護の仕事である。という内容が書かれているのを目にしました。
私は看護の仕事の魅力を正に表現している言葉なのだと思いました。患者・家族から人生を学ばせてもらい、報酬を頂く。決して楽な仕事ではない、だからこそ、やりがいのある仕事なのだと思います。
今後、医療を取り巻く環境は激変し、看護職に求められる役割も多様化していくことでしょう。しかし、どのような環境にあっても、専門職としての「看護の原点」を見失うことなく、誇りをもって臨床に立ち続け、社会に貢献し続ける看護師であってほしいと切に願っています。

川崎市立 井田病院

  • 〒210-0035 神奈川県川崎市中原区井田2-27-1
  • 病床数

    383床

  • 診療科目

    内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 血液内科 腫瘍内科 糖尿病内科 腎臓内科 神経内科 感染症内科 人工透析内科 肝臓内科 緩和ケア内科 外科 呼吸器外科 心臓血管外科 消化器外科 乳腺外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 精神科 アレルギー科 リウマチ科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科 救急科 麻酔科 歯科 歯科口腔外科 計37科

  • 看護方式

    固定チーム継続受け持ち方式

  • 看護配置

    一般病棟7対1入院基本料

  • 資料請求

川崎市立 井田病院:文化放送ナースナビ

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら
  • LINEスタンプ販売中!!
  • 文化放送レジデントレビュー
  • 文化放送ナースナビ公式Facebook