文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 看護部長に聞く! > 聖マリアンナ医科大学病院

看護部長に聞く! 看護師を採用するにあたって、病院はどのような人材を求めているのでしょうか?また、入職してからの教育制度はどのような考えのもとに行われているのでしょうか?実際に採用に関わっている看護部長にお話を伺いました。

生命の尊厳を基調としたキリスト教的人類愛を基本精神としています

聖マリアンナ医科大学病院 副院長 看護部長 本舘 教子

聖マリアンナ医科大学病院 副院長 看護部長 本舘 教子

病院の特徴・雰囲気について

聖マリアンナ医科大学病院:文化放送ナースナビ

当院は大学病院として、高度急性期先進医療を推進するとともに、地域の人々を支える医療を提供するという二面性を持っています。そして特徴としては、キリスト教的人類愛を基本精神とする「病める人を癒し愛ある医療を提供する」という生命の尊厳を基調としていることです。医学部と看護専門学校では、宗教学の授業があり、人間と生命、生命の尊厳について宗教的観点から学んでいます。また当院には、柔軟性のある自由な風土が根づいています。看護師の主体性を大切にしており、色彩が医療者のセルフケア力を高める観点からユニフォームも個人で選択しています。患者さんによりよいケアを提供するためであれば、新しいことも受け入れていく風土があります。当院は大学病院でありますが、様々な部署が良い刺激を与え合いながらチーム医療を推進しています。

教育について

聖マリアンナ医科大学病院:文化放送ナースナビ

教育の柱は、1年目から5年目まで実施される経年別教育プログラムと、自分の目指すレベルに応じた研修を主体的に受講できるラダー別教育プログラムで構成されています。そのなかで新人教育は、集合研修と現場での研修で成長を支えていきます。配属後はプリセプターの指導のもとで患者さんを受け持ち、実践を通じて看護を展開。基本的な看護技術を学ぶことから、キャリアに応じた事例のリフレクション、研究的視点で看護を捉えるなど、「看護」にこだわったプログラムを用意しています。振り返りを蓄積することで実践の場を通しての学びを深め、患者さんにとってよりよいケアを提供していきます。また当院には専門看護師や認定看護師が48名在籍し、専門性を発揮して活動しています。資格取得の際は、資格支援制度を整備し、キャリアアップを目指す人へのサポート体制も万全です。

看護に対する想いについて

聖マリアンナ医科大学病院:文化放送ナースナビ

看護理念は、当院の理念である「生命の尊厳」を中心に、患者さんの持つ潜在能力を引き出し、病を持ちながらどう生きていきたいかの意思決定を支える「コア」、身体への直接ケアを通じての療養支援、治療を通して看護を行う「キュア」という3つの輪で成り立っています。看護部ではセルフケア看護を中心に据えています。病気を持つ人の潜在能力を引き出すセルフケア看護は、慢性期だけでなく急性期でも終末期でも実践できます。患者さんは、生活の調整を行いながら病と共存していきます。病によって生活が再構築され、その中で生命の価値を見出していくことを看護師がアプローチしていくことが大切だと考えています。いい看護師になるためにはゴールはありません。看護は常に学び続けることが求められます。当院では「自律」と「自立」を備え、主体的に学び自ら考えられる人材の育成を目指しています。

聖マリアンナ医科大学病院

  • 〒216-8511 神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
  • 病床数

    1018床

  • 診療科目

    総合心療内科、呼吸器・感染症内科、循環器内科、消化器・肝臓内科、腎臓・高血圧内科、代謝・内分泌科、神経内科、血液内科、リウマチ・膠原病・アレルギー内科、腫瘍内科、神経精神科、小児科、新生児科、消化器・一般外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科、乳腺・内分泌外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、皮膚科、腎泌尿器外科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科

  • 看護方式

    固定チーム継続受け持ち制
    モジュール型継続受け持ち制

  • 看護配置

    一般病棟 7:1

  • 資料請求

聖マリアンナ医科大学病院:文化放送ナースナビ

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら
  • LINEスタンプ販売中!!
  • 文化放送レジデントレビュー
  • 文化放送ナースナビ公式Facebook
  • 就職紹介サービス 文化放送ナースナビ