精神科ナース新人物語 精神科病院で働く新人看護師に聞いてみたかった3つの質問

質問解答

就職するにあたり、周囲に反対はされませんでしたか?

  • 駒木野病院 谷 綾乃(タニ アヤノ) 2014年入職(3年目)
    駒木野病院
    谷 綾乃
    (3年目)
  • 反対されるというよりも心配されることの方が多かったです。就職したい病院が県外であることを伝えると、数多くの先輩を見てきた大学の先生方は、地元での就職を勧めてきました。看護師一年目という大変な時期に県外に出て一人で生活していけるのか、頼れる人がいない中でやっていけるのか、心配してのお言葉をたくさん頂きました。家族や友人は、「帰ってくる場所はあるのだから自分が今したいことをするべき」と言ってくれ、ずっと悩んでいた私の背中を押してくれました。

  • 医療法人社団 根岸病院 大堀 義隆(オオホリ ヨシタカ) 2014年入職(1年目)
    根岸病院
    大堀 義隆
    (3年目)
  • 私は学校の先生に精神科を希望していることを話しました。それに対して教員は「内科的知識を学んでから、精神科に行った方がいい」と話し反対されました。だが、私は患者さん一人一人に対して寄り添う時間が多く、精神科実習で患者さんに対して看護師さんが傾聴し寄り添っている姿を見て「私がやりたい看護はこれなんです」と思い、精神科希望を貫き通しました。入職が決まった際始めは反対していた教員も喜んでくれました。

  • 長谷川病院 K・M 2016年度(1年目)
    長谷川病院
    K・M
    (1年目)
  • 反対はされました。 学校の教員には賛成してくれる教員もいましたが、 「卒後教育が大切なのに、新卒で精神科に入職するのは技術やアセスメントが一般科よりもおろそかになる。」 「精神科なんて歳をとって体が辛くなってきてから行くところ。」という考えの教員もおり、概ね反対の意見を頂きました。 卒後教育を重視する考えは私も同感だったので、それならなおさら自身が今後進みたい道で教育を受けることが好ましいと思うようになりました。 看護師である母親にも最初は反対をされましたが、精神科医療の変遷や自分の考えを話すと理解してくれました。

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら
  • LINEスタンプ販売中!!
  • 文化放送レジデントレビュー
  • 文化放送ナースナビ公式Facebook