精神科ナース新人物語 精神科病院で働く新人看護師に聞いてみたかった3つの質問

質問解答

今の病院を選んだ理由、また実際に働いてみてどうですか?

  • 駒木野病院 谷 綾乃(タニ アヤノ) 2014年入職(3年目)
    駒木野病院
    谷 綾乃
    (3年目)
  • 児童精神に興味があった私に大学の先生が紹介してくださったのが当院でした。紹介されてすぐに看護部長と専門看護師の方から直接お話を伺う機会があり、インターンシップに参加することになりました。実際に病院や働いている看護師さん達を見て、凄く雰囲気が良いと感じましたし、患者さん一人ひとりのことを大切に考えているのが伝わってきました。一年目の先輩から、休みも取りやすいし自分自身のペースで働けているという話を聞き、マイペースな私でも無理なく仕事ができると考え、選びました。実際に働いてみて、先輩方は皆一年生を良く見てたくさんフォローしてくださるし、悩んだときには一緒に考え、話を聞いてくださるので、とても良い環境で仕事が出来ていると思います。たしかに一般科に比べると看護技術の実践機会は少なく、身体面を見る力も弱いと感じますが、自分自身の努力次第で得られるものはたくさんあるのだということを実感しています。

  • 医療法人社団 根岸病院 大堀 義隆(オオホリ ヨシタカ) 2014年入職(3年目)
    根岸病院
    大堀 義隆
    (3年目)
  • 今の病院を選んだ理由は、病院見学に行った先職員の方々が明るく「こんにちは」と挨拶しており、病棟も明るく、また看護師も患者さんに対して笑顔で接しており、とても明るく感じました。明るく挨拶されたことが一番印象に残っており、ここに入職しょうと思いました。入職後私は閉鎖病棟に配属になりました。病棟も明るい雰囲気であり、先輩方も優しく教えてもらい不安なこと、分からないこともとても聞きやすい環境です。患者さんに対しても一人一人に関わる時間も多いです。患者さんは精神的にその日その日で状態が変化するので関わり方がとても苦労しました。患者さんが表情険しくときに傾聴し会話の中で表情が少し和らいだときは嬉しく感じました。日によって患者さんの変化にどう対応するか悩むことも多いですが、反対にやりがいも感じ、精神科を選んでよかったと思います。

  • 長谷川病院 K・M 2016年度入職(1年目)
    長谷川病院
    K・M
    (1年目)
  • 当院を選んだ理由としては、在学中から興味のあったオレム・アンダーウッド理論で看護展開できる点、卒後教育が充実している点、当院で実習をしていた学校の先輩が「病棟の雰囲気がとても良い」と言っていた点など理由があります。 実際にインターンシップに参加し、それらの点を確かめ入職を決めました。 入職後の感想としては、上記の点以外にも職場の人間関係が良く、なんでも聞きやすい雰囲気で勤務することができ、学びのある中で充実した日々を送ることができています。 また、配属されている病棟の特性上、心配していた看護技術にも基本的な部分では実践する機会もあり、不安が緩和されました。看護技術学習は病院システムでインターネットを用いて自宅で学習することができるので重宝しています。 また、職員のワーク・ライフ・バランスを考えた勤務体制にも満足しており、長期間勤務することができそうだと思っています。

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

文化放送ナースナビの
スマホサイト

文化放送ナースナビモバイル QRコード
PCと同じID・PWで資料請求やセミナー申込ができます。スマホにURLを送る
  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら