看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

横浜市内にある病院特集

働く環境に自信がある

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院

異常を察知する観察力が求められる現場で着実にスキルアップ
簗田花実
心臓血管センター病棟
2015年入職
青森県出身 八戸学院短期大学看護学科卒業(現:八戸学院大学健康医療学部看護学科)

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 簗田花実

  • キャリアに応じた研修システムで着実に成長

    卒業後は親元を離れ自立したいと考え、県外への就職を希望していました。先輩の勧めで当院を見学。実際に病棟での看護師と患者さんの関係、スタッフ同士の会話から、雰囲気のよさを感じ、ここで働きたいと思いました。病院周辺も緑が多いことや、先輩が働いていることも強みでした。

    当院は1年目から充実した教育体制があります。入職時のフォローアップ研修、宿泊研修などは、同期と不安や悩みを共有できる場でした。現場では先輩から、繰り返し指導を受けられ技術を習得していきます。自分で判断せず、すぐに聞くことが患者さんの安全につながるというアドバイスは、現在の看護に生かされています。2年目以降もルートキープ等の看護技術、倫理問題など、キャリアに合わせたプログラムがあり、3年目の現在はリーダーシップを発揮してリーダー業務を行うことや、チューターとして後輩指導ができるよう、さまざまな研修に参加しています。指導する立場になり、教えることの難しさを実感しました。自分の考えを押し付けるのではなく個々の考えを聞き、一人ひとりの個別性に合わせた指導と、失敗しても次に生かせるようサポートしています。

  • スタッフ全員で患者さんの生命を支える現場

    学生時代、実習で心臓疾患の患者さんとかかわったことから、生命に直結した循環器領域を学び実践に生かしたいという思いがありました。入職後は希望していた循環器領域への配属。現在病棟では、患者さんのケアや処置だけでなく、手術直後から退院に向けた指導を行っています。心臓疾患は退院後の自己管理も重要となるため、心不全をテーマにした教室への参加を促したり、患者さんやご家族から情報収集を行い、一人ひとりの個別性や生活背景を考慮した支援を行っています。

    看護を行ううえで心がけていることは、患者さんやご家族の目線に立って話を聞くこと。患者さんがどんな思いでいるかを聞き取り、必要な情報提供を行っています。再入院する患者さんも多いため、退院後の生活指導の大切さを感じています。

    以前、夜勤時にカテーテル治療を行っていた重症患者さんを受け持ったときのこと。患者さんは大丈夫と仰っていましたが、わずかな異常を感じたため医師に伝えました。その後、急変しましたが適切な処置により大事には至らずにすみました。医師との振り返りの際、「いい気づきだった」と言われ、観察力や急変時の対応へのスキルの大切さを実感しました。心臓は生命に直結しているため、異常を察知する観察力と迅速な対応が求められる現場です。常に緊張の連続ですが、医師をはじめ多職種とのチームワークも重要で、スタッフ全員で力を合わせて患者さんを支えていく喜びがあります。

  • 自然豊かな横浜の地で、プライベートも充実

    聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院:文化放送ナースナビ

    横浜は都会のイメージがありますが、自然も豊かでゆっくりと過ごせます。特にみなとみらいの風景は気に入っています。休日は同期の仲間たちと買い物や散歩に出かけるなど、充実したオフタイムを過ごしています。趣味はカメラ。鎌倉や江の島へのアクセスもいいので、ドライブがてら四季折々の風景を写真に収めています。

    3年目になると自分の看護だけでなく、病棟全体を見ることが求められますが、できる限り患者さんのベッドサイドへ行き、寄り添った看護を実践したいと思います。今後も、循環器領域の急性期から慢性期までを見られる知識・技術を身につけるとともに、慢性心不全看護認定看護師や呼吸療法士などの資格取得も目指したいと思います。

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院

住所
〒241-0811 神奈川県横浜市旭区矢指町1197-1
病床数
518床
診療科目
総合診療内科、血液内科、リウマチ・膠原病内科、腎臓・高血圧内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、代謝・内分泌内科、神経内科、神経精神科、小児科、消化器・一般外科、心臓血管外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、病理診断科
看護方式
固定チームナーシング
看護配置
入院基本料 7対1

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院

病院合同就職説明会参加会場

教育に自信がある 働く環境に自信がある