看護学生の就職は文化放送ナースナビ

MENU

横浜市内にある病院特集

教育に自信がある

医療法人横浜博萌会
西横浜国際総合病院

各部署を体験するローテーション研修で看護の視野を広げる
阿波連 彩夏
外科・内科混合病棟 2017年入職
沖縄県出身 広島大学卒業

西横浜国際総合病院  阿波連 彩夏

  • 内定後に届いた病院からの温かなフォローに感動

    就職活動では、沖縄、広島、関東圏の病院を検討しました。横浜は知人と何度か遊びに来た事があり、少し関心がある程度でしたが、説明会で何気なく聞いた当院の話。研修の話なども丁寧に説明してもらい、接しやすいイメージを持ち、インターンシップに参加しました。

    先輩と一緒に病棟を見学し、患者さんに優しく接する対応や自分のやりたい看護があった事、質問しても優しく答えてくれるアットホームな雰囲気をこの目で確認でき、ここで働きたいと思いました。

    そして感動したことは、内定後に病院から年賀状や国試のためのお守りが送られてきたことでした。一人ひとりをきちんと見てくれるやさしさを改めて確信すると同時に、頑張ろうという活力になりました。

  • 患者さんからの励ましの言葉が看護師を続ける力に

    当院は入職後の技術研修や社会人としてのマナーなどの集合研修をはじめ、充実した研修環境があります。なかでも特徴的なものがローテーション研修です。ローテーション研修は、各病棟だけでなく手術室、透析室、外来などを回るもの。透析室や外来の看護師の方と接し、病棟だけが看護ではないことを知り、各診療科に対するイメージも変わりました。入職前は自分が希望する領域もわからなかったため、さまざまな病棟の看護を体験することで、視野が広がり自分が向いている診療科が見えてきました。

    現在は外科・内科の混合病棟に配属され、外科疾患の患者さんへの環境整備、検査出し、術前・術後のケアなどに携わっています。消化器疾患には、以前から興味があったので看護の楽しさを実感しています。

    病棟ではプリセプターをはじめ、リーダーや師長さんなど、スタッフ全員のサポートを受けられるので安心でした。特に師長さんはやさしく私たちを見守ってくれ、終わっていない業務も「引き継ぐから大丈夫だよ」とサポートしてくれます。

    不安を抱きながら初めて受け持った患者さんに言われた「まだ新人さんだから焦らなくて大丈夫だよ」という励ましの言葉や退院時の「あなたと話せるから入院していて楽しかったよ。ありがとう。いい看護師さんになってね」という言葉で、これからは処置だけでなく、患者さんとのコミュニケーションも取れる、頼られる看護師になりたいと思いました。

  • 横浜は都会的でありながら、自然豊かで温かなふれあいがある街

    西横浜国際総合病院:文化放送ナースナビ

    横浜は都会でありながら、海などの自然も多いのでホッとできる街です。現在は寮生活ですが、地域の人々もやさしく、挨拶を交わしたり温かな交流があります。

    仕事帰りには同期や先輩と、食事や飲みに行ったり、寮でおしゃべりをしたり、プライベートでもさまざまな年代の人との交流を深めています。休日は、みなとみらいや横浜の海へのドライブ、中華街での食事、東京ディズニーリゾートなどに出かけリフレッシュしています。

    なかなか身体を動かす機会はないのですが、寮の隣にあるバッティングセンターで、時々汗を流し気分転換しています。これからやりたいことはゴルフ。沖縄の友人もやっているので、私もチャレンジしたいと思っています。

    当院は規模的にも、スタッフの顔が見えるアットホームな病院です。同期はもちろん、医師や先輩もサポートしてくれるので、成長を実感しています。

医療法人横浜博萌会
西横浜国際総合病院

住所
〒245-8560 神奈川県横浜市戸塚区汲沢町56
病床数
188床
診療科目
内科、循環器科、呼吸器科、外科、消化器科、脳神経外科、 整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、 精神神経科、リハビリテーション科、麻酔科、 神経内科、乳腺・内分泌外科、腎臓内科
看護方式
チームナーシング・プライマリー
看護配置
一般病棟10対1入院基本料
当院は10:1看護ですが、シーツ交換の委託、クラークとケアワーカーの配置など、看護師が看護業務に専念できる環境ですよ!

医療法人横浜博萌会 西横浜国際総合病院

病院合同説明会参加会場

教育に自信がある 働く環境に自信がある