文化放送ナースナビ看護学生 TOP > エリア特集 > 横浜市内にある病院特集 > 西横浜国際総合病院

横浜市内にある病院特集

教育に自信がある

医療法人横浜博萌会 西横浜国際総合病院

各部署を体験するローテーション研修で看護の視野を広げる
石丸ひな
整形外科病棟 2018年入職
大分県出身 大分東明高等学校衛生看護専攻科卒業

西横浜国際総合病院 石丸ひな

  • 患者さんとの距離が近い温かな雰囲気が入職のポイント

    学生時代から県外で就職したいと思っていました。姉が横浜に住んでいたため、横浜エリアにはなじみがあったことから、神奈川県で検討していました。学校での病院説明会で当院の先輩から、1対1でしっかり指導を受けられる環境があり、ローテーション研修で配属前にいろんな診療科を体験できることを知り、インターンシップに参加しました。実際にアットホームな温かな職場の雰囲気を感じるとともに、患者さんとの距離が近いことを実感しました。以前から患者さんと深くかかわれることを大事にしたいと思っていたので、ここで働きたいという思いが強まりました。
    入職後は看護技術研修のほか、約1ヶ月半かけて各部署を体験するローテーション研修があります。手術室や透析、外来なども体験できるので学びも多く、看護の視点も広がりました。加えて患者さんの入院から退院までの流れを把握できたので、現在病棟で、患者さんの負担や自分の行動を考えることができています。配属すると他部署を見る機会はなくなるので、病院全体を知る研修となりました。

  • 患者さんやご家族とともに個々の希望にそったゴールを目指す

    現在は整形外科病棟で患者さんの全身の観察や、歩行介助などADLの拡大に向けたサポートを行っています。初めはプリセプターの先輩とマンツーマンで指導を受けられるので、自分のペースで学ぶことができ、質問もしやすく安心でした。勤務後にも先輩たちが勉強会を開いてくれたり、手厚いサポート体制があります。外科の処置だけでなく、糖尿病疾患の方も入院されているため、低血糖を避けるため血糖コントロールを行うなど、内科的ケアにも対応しています。
    先日受講した多重課題の研修では、「あわてるとわからなくなる、優先順位が考えられない、自分ひとりで抱え込まず応援を頼むことも必要」など、自分の課題も明確になりました。業務に入る前に自分の動きを確認するなど、ケアにつなげています。
    整形外科は回復が目に見えるので、退院後の目標が明確に立てられます。個々の患者さんの家庭環境や仕事など、生活背景を考慮し希望にそったアプローチをしていきます。毎週、医師や他職種や看護師と退院支援カンファレンスを開き、患者さんやご家族と一緒に考え、ゴールを目指すことにやりがいを感じています。

  • 地元と似た自然も多い横浜で休日はリフレッシュ

    西横浜国際総合病院:文化放送ナースナビ

    戸塚周辺は、自然も多く地元の大分県と似ている雰囲気があり、すぐになじめました。横浜や東京へのアクセスもよく、生活にも便利な場所です。日常の買い物は戸塚ですが、休日は同期や学生時代の友人たちと横浜駅周辺や、みなとみらい、サンリオピューロランドなどへ出かけリフレッシュしています。観光スポットも多く景色もいいところが気に入っています。
    生活にはだいぶ慣れてきましたが休日は、何もせず寮で過ごすことが多いですね。学生時代には、クラシックバレーやジャズダンス、ヒップホップなどのダンスが趣味でした。今後は病院内にインストラクターによるヨガ教室もあるので、参加してみたいと思っています。
    今後は術前術後のケアを学び、患者さんの身体面、精神面を支え、希望にそったケアを提供していくことが目標です。

医療法人横浜博萌会 西横浜国際総合病院

住所
〒245-8560 神奈川県横浜市戸塚区汲沢町56
病床数
188床
診療科目
内科(一般・呼吸器・循環器・腎臓)、外科・消化器科、乳腺・甲状腺外科、耳鼻咽喉科、整形外科、泌尿器科、神経内科、眼科、脳神経外科、精神神経科、麻酔科、リハビリテーション科
看護方式
チームナーシング
看護配置
一般病棟10対1入院基本料
当院は10:1看護ですが、シーツ交換の委託や介護福祉士とケアワーカーの配置など、看護師が看護業務に専念できる環境ですよ!

医療法人横浜博萌会 西横浜国際総合病院

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • 2019年卒 就職相談会
  • 2019年卒 就職相談会
  • LINEスタンプ販売中!!
  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら