文化放送ナースナビ看護学生 TOP > エリア特集 > 横浜市内にある病院特集 > 横浜市立病院

横浜市内にある病院特集

働く環境に自信がある

横浜市立病院 (横浜市立市民病院/横浜市立脳卒中・神経脊椎センター)

横浜市の専門病院で、患者さんの分岐点となる入院生活を支える
地域包括ケア病棟 2017年入職
神奈川県出身 神奈川歯科大学短期大学部看護学科卒業

横浜市立病院 A

  • 実習で患者さんのリハビリをサポートしたことで入職を決意

    就職は自宅から通える神奈川県内と決めていました。3病院ほどインターンシップにも参加。初めは専門病院でなく総合病院がいいか迷いましたが、当院の実習で脳神経の患者さんを受け持ち、看護師が患者さんの残存機能を引き出し、リハビリに取り組む過程をサポートできることに喜びを感じ、ここで働きたいという思いが強まりました。
    現在病棟では、急性期を脱して転棟された患者さんのADL拡大に向けたかかわりと、退院後の生活を視野に入れた看護を行っています。入院が長期にわたるケースが多いため、後遺症を抱え不安を感じている患者さんやご家族に十分な説明と情報提供を行い、ご本人が納得できる意思決定を支援しています。

  • 院内留学と同行訪問で看護の視点を広げる

    当院は入職時の集合研修をはじめ、現場では同じ先輩と一緒に2カ月間サポートを受けられる体制があるので、そのつど質問や相談ができるので安心でした。慢性期領域でも輸血や点滴、急変時の対応など基本的な看護技術を習得できる環境が整っています。2年目には2日間、希望する他部署での看護を体験できる院内留学があります。私自身もHCUで急性期の対応を学び、看護の視点が広がりました。また、訪問看護師に同行して、患者さんの家庭を訪問する機会も設けられています。退院後の患者さんの明るい表情を見られると同時に、家庭に戻っての感想や病院への要望を聞き、どのようなケアが必要かスタッフとともに情報を共有し、今後のよりよい看護につなげていきます。
    常に心がけていることは、患者さんの気持ちを受け止めて、その思いを考えながら会話をすることです。夜勤時に眠れないという患者さんと明け方まで話したこともありました。普段は明るい患者さんでも不安を抱えていることもあり、じっくり話すことで初めて理解できることもあるため、可能な限りベッドサイドに足を運ぶことを実践しています。
    慢性期では患者さんの生活にも目を向けることが重要となります。入院中は退院後との分岐点となるため、どのような選択をすることがよいかを導いていくことが看護師の役割となります。患者さんやご家族と面談を重ね、納得した結果が得られたときがやりがいを感じる瞬間です。

  • オフタイムは友人やペットと過ごすことでリフレッシュ

    横浜市立市民病院:文化放送ナースナビ

    横浜は、みなとみらいや赤レンガ倉庫など、きれいな街並みが多いエリアです。特におすすめなのが、臨港パーク。広々とした芝生広場や横浜港を望むロケーションは最高です。休日は同期や学生時代の友人たちと、ショッピングや食事、映画、ライブなどを楽しんでいます。買い物が好きなので夜勤明けに出かけてしまうこともあります。
    冬は新潟や軽井沢でスキーを楽しんだり、国内の温泉や韓国にも出かけてリフレッシュしています。今の一番の癒しは、最近飼い始めたペットのハリネズミ。疲れて帰った後もホッとする時間を過ごせます。
    当院は専門病院ですが、新卒であっても基本的な技術を学べる環境や、しっかりとしたサポートがあるので安心して来てください。

横浜市立病院(横浜市立市民病院/横浜市立脳卒中・神経脊椎センター

住所
【市民病院】
〒240-8555 神奈川県横浜市保土ケ谷区岡沢町56
【脳卒中・神経脊椎センター】
〒235-0012 神奈川県横浜市磯子区滝頭1−2−1
病床数
【市民病院】
650床
【脳卒中・神経脊椎センター】
300床
診療科目
【市民病院】
腎臓内科・糖尿病リウマチ内科・血液内科・腫瘍内科・神経内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・小児科・消化器外科・炎症性腸疾患(IBD)科・乳腺外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・救急脳神経外科・脳血管内治療科・呼吸器外科・心臓血管外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・神経精神科・リハビリテーション科・放射線診断科・放射線治療科・麻酔科・歯科口腔外科・感染症内科・病理診断科・緩和ケア内科・:全33科
【脳卒中・神経脊椎センター】
神経内科・脳神経外科・脊椎脊髄外科・脳神経血管内治療科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科・循環器内科
看護方式
【市民病院】
PNS(Partnership Nursung System)
【脳卒中・神経脊椎センター】
固定チームナーシング継続受け持ち方式
看護配置
【市民病院】
・一般病棟:7対1
・HCU:4対1
・NICU:3対1
・GCU:6対1
・ICU/CCU:2対1
【脳卒中・神経脊椎センター】
・一般病棟:7対1
・HCU:4対1
・SCU:3対1

横浜市立病院

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

  • 2019年卒 就職相談会
  • 2019年卒 就職相談会
  • LINEスタンプ販売中!!
  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら